So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

ウランバートルのホテルで [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月18日(日) 午後4時10分 モンゴル国 ウランバートル

ウランバートルで
ウランバートル市内

この記事を書いている今、平成29年大相撲春場所、幕内最高優勝はまだ決まっていないのだが。
よほどのことがない限り優勝力士は決まりであろう。なんともモヤモヤしている。
なぜ、大相撲の話題から始めたのかというと、まあ、モンゴルの取材記事ということもある。
それに、この取材期間は平成28年大相撲秋場所が開催されていたときである。
平成28年大相撲秋場所の幕内最高優勝力士は豪栄道豪太郎関であった。

さて、ウランバートル駅で両替を済ませた我々はタクシーと交渉し、市内中心部を目指した。
交渉はN氏が中心となり行ってくれた。私は傍観していたのみである。
ガイドブックによると相場は3000トゥグルク(日本円で120~30円ほど)とある。
しかし、ガイドブックのこの情報は古いのであろう。だれもその額で連れて行ってはくれない。
例えば、ひとりは10000トゥグルクだと言ってきて、その強気を崩さなかった。
すると、そのわきから5000でいいよというドライバーが出てきたので、このタクシーに乗車。

駅から中心部のチンギスハーン広場を目指す。2キロも無い距離であろう。
だが、渋滞しておりなかなか進まない。
言い忘れたが、N氏は今夜別の列車に乗車し、ロシアのイルクーツクを目指すことになっている。
だから、その列車が出るまで束の間のウランバートル観光である。
スウェーデン人のT氏はこのままウランバートルの滞在である。

チンギスハーン広場
チンギスハーン広場

タクシーは平和大通りを進んでいき、無機質なチンギスハーン広場の脇に停車した。
5000トゥグルクを適当に3人で分け降車、広場から私が宿泊するホテルが見えた。
"SPRINGS HOTEL"というところである。駅で両替したトゥグルクの紙幣で宿泊代金を支払う。
カードも使えるのに、細かいトゥグルクの紙幣で支払うのはスマートではなかった・・・。
この間、T氏、N氏の2人はロビーで待機してくれていた。
支払いを済ませた私に、N氏から提案があった。
今晩3人で食事をしませんかということである。断る理由は無い。

スプリング・ホテル


それでは、午後6時にマルコポーロ像の前で待ち合わせしましょう。
ということになり、3人は一時解散である。
T氏は予約してあるホテルへ(中心部から少し遠いようだ)。
N氏はウランバートル随一の百貨店、ノミンデパートへ車中の食料の買い出しへ。
さて、私は・・・。
実は密かに楽しみにしていることがあった。

ホテルの部屋
泊まった部屋(1泊87US$)

ウランバートルは午後4時を過ぎたところである。
日本とモンゴルの時差は1時間だが、この時期(3月末~9月末)サマータイムを導入している。
これにより日本との時差は無い状態。つまり、日本も午後4時である。
となると、大相撲秋場所の幕内の取組が始まっている頃ではないか。
モンゴルでも日本の大相撲は生中継されていると聞いていたので、これを見てみたかった。

豪栄道・嘉風戦
豪栄道・嘉風戦(寄り切りで豪栄道の勝ち)

テレビをつけ、適当にチャンネルを変えていると、しっかり大相撲中継の放送がされていた。
NHKの映像をそのまま使用し、そこにモンゴル人のアナウンサー、解説者が音声をのっけている。
日本における大リーグ中継のような感じである。
モンゴル語はさっぱりわからないが、聞いていると面白い。
当然力士の名前はそのままだし、決り手の名前もそのままである。
髙安については「シンセキワケタカヤス」とか言っている。
それにしても、稀勢の里はどうなってしまうのだろうか。見るのがつらい。

北の富士
解説は勝昭氏でした
nice!(94)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -