So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

美術館と郵便局 [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月20日(火) 午後1時32分 ウランバートル ザナバザル美術館

ザナバザル美術館
ザナバザル美術館

昼食をとったレストランのすぐそばにあるザナバザル美術館というところに行ってみた。
ガイドブックには、「ザナバザル」というのはモンゴル人初の「活仏」の名とある。
「活仏」と言われてもピンとこないが、とにかく偉い仏教指導者の名であるようだ。
そのザナバザルは偉い仏教指導者であると同時にすぐれた芸術家でもあったそう。
この美術館では、そのザナバザルの手による仏像群を観ることができるのだ。

入場料は8000トゥグルク(360円くらいか)。
壁を見ると「写真撮影45000トゥグルク」と掲示されている。
・・・。これは2000円くらいか・・・。なんじゃこりゃ・・・。
驚いて、思わずチケット売り場のスタッフに本当に45000トゥグルクなのか尋ねてしまった。
スタッフは表情を変えることなくうなずくのみである・・・。

というわけで、ザナバザル美術館。内部の写真は1枚も無いのであります・・・。
美術館はガラガラであった。美術館自体、かなりガタがきている。
展示品はモンゴルの民俗的な資料などから展示されていたが、いまいちピンとこない。
自然と歩が早くなるが、この美術館はそんなに大きいところでは無い。
これではあっという間に外に出てしまうと思われたし、実際、滞在時間は短かった。

ただ、面白く観たものが2つあった。
ひとつはやはりザナバザルの作品群であった。
2階の一室にザナバザルによる金銅の仏像がずらりと並ぶ空間がある。
仏像は高さ50センチくらいだったろうか。それほど大きいものではない。
様々な神が1体1体、硝子ケースの中で鎮座している。その表情に引きつけられた。
ガイドブックによるとザナバザルは「モンゴルのダ・ヴィンチと呼ばれる」のだそうだ。

もうひとつは、20世紀前半に活躍したモンゴルの画家マルザン・シャラヴの作品群である。
シャラヴの作品は大きく分けて肖像画、風俗画とが展示されている。
肖像画はとても写実的であるけれど、一方風俗画はどこか漫画のようなユーモラスなものだ。
風俗画ではモンゴルの人々の生活を俯瞰して細かく描いている。
私はなんだか「ウォーリーを探せ」を思い出してしまった。
ブリューゲル(父)の作品にも似ているかもしれない。
と、いろいろ説明しても私の文章がへたくそであるので、そろそろ次の場所へ向かう・・・。

向かったのは中央郵便局であった。
特に用があるわけでもなかったが、通りかかったところ、内部にお土産屋があるようだ。
ちょっと覗いてみよう。と入ってみると、壁一面に私書箱らしきものがびっしり。
勝手な想像だが、モンゴルではあまり郵便配達をしないのではないだろうか?
郵便物は郵便局に取りに来ることが普通なのではないだろうか?
さて、中央のカウンターでは、いろいろ記念切手を売っていた。
ここで私は思わず2種の切手シートを購入してしまったのだった。

中央郵便局
中央郵便局

1種は「朝青龍切手」である。
朝青龍の民族衣装を着て乗馬をしている姿、野球のユニホーム姿、そして土俵入りの姿。
やんちゃであったこの大横綱の姿をよく伝える絶妙な3枚の写真であると言えよう。
もう1種が「モンゴルと日本の親善友好記念切手」というものである。
これは驚いたのだが、いわゆる「オリンピックおじさん」が主役の切手シートなのである。
「オリンピックおじさん」がモンゴル出身力士とツーショットでいる写真が切手となっている。
朝青龍、旭鷲山、白鵬、日馬富士、旭天鵬、そして今は亡き時天空という面々。
2007年に出た切手らしいから照ノ富士や逸ノ城はまだいない。あれ?鶴竜は・・・。

購入した切手
2種の切手シート。合わせて6270トゥグルク(280円くらいか)
nice!(86)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | -