So-net無料ブログ作成

ウェストミンスター寺院② [お墓]

2008年12月29日(月)、現地時間 午前10時50分、ロンドン ウェストミンスター寺院

観光客の人ごみの中、不具合を頻発するオーディオ・ガイドを耳にあて、
順路をのそのそ進んでいく。すると最初に出現するお墓は、エリザベス1世のものであった。
大理石でできたエリザベス1世の姿が横たわっている。
同じところに異母姉の「血のメアリ」のお墓もあるらしく、
こちらも大理石でできた像が横たわっているようだが、なぜだか、これは見た記憶がない。

1.JPG
エリザベス1世 (1533-1603) のお墓 購入したポストカードより

あまりにも有名な女王のお墓なので、間近で見ると感慨に浸ってしまったが、
私がウェストミンスター寺院を訪れたのはエリザベス1世のお墓がお目当てではない。
セント・ポール大聖堂の時と同様、芸術家たちのお墓を訪れるのが目的である。
はやく彼らのいるエリアに辿り着かないかしらん、と思いながらも順路を進んだが、
途中で「Oliver Cromwell」と刻まれた小さなプレートが床面にあるのに気がついた。
はて、これは世界史の授業で習ったオリバー・クロムウェルのお墓であろうか。

すると、耳にしていたオーディオ・ガイドがそのプレートに対する解説をはじめた。
オーディオ・ガイドによると、やはりこのプレートはクロムウェルが埋葬された地点らしい。
さらにオーディオ・ガイドは凄まじい逸話を語って聞かせた。
清教徒革命の指導者クロムウェルだが、その没後、イングランドが王政復古を果たすと、
何とクロムウェル遺体はここからわざわざ掘り起こされて、絞首刑のうえ斬首されたのだという。
絞首刑、斬首なんてただでさえ強烈なのに、遺体に対してその処刑を行うとは…。

2.JPG
戴冠式で使用される椅子 購入したポストカードより

クロムウェルのプレートの近くには今でも使用される戴冠式のイスが置かれていた。
まったくぼろぼろの椅子ではあるが、歴代の王はこのイスに腰かけたのであって、
思わずまじまじと見つめてしまった。肥満の王が座ると壊れてしまいそうである。
そんなことを考えながら順路を進むと、いよいよ芸術家たちが眠るエリア。
まずは「詩人の墓所」と呼ばれるところに到達。その名の通り、文人たちが多く眠っている。

文人たちの名を刻んだプレートが床面に集うように嵌めこまれている。
ただ、これらすべてがお墓ということではなく、中にはただの記念碑というプレートもあるらしい。
だから、どれがお墓でどれが記念碑であるかというのを判断するのが難しいのであった。
それに、これだけの有名な観光地に埋葬され、周りが観光客だらけなのを見ると
「私はあなたに会うためにはるばる日本から来ました!」的な感慨があまり湧かないこともあり、
正直、墓参としては少々物足りない感が残った。

さて、このエリアで確認したお墓は、チャールズ・ディケンズ、T・S・エリオット、
D・H・ロレンス、トマス・ハーディ、ラドヤード・キップリング、ら。
まだ、他に確認したお墓もあったはずだが、何しろもう3か月以上前のことだから想い出せない。
寺院内部が写真撮影禁止ということもあるから、写真を観て確認することもできないのである。
文人といえば超大物シェークスピアに関しては像があるのみでここには埋葬されていない。
その像の近くにローレンス・オリビエ、ペギー・アシュクロフトといった役者のお墓があった。

3.JPG
「詩人の墓所」 購入したポストカードより

シェークスピア像の向かいには大作曲家「音楽の母(なんで「母」なの)」ヘンデルの像があった。
これは歴としたヘンデルの正真正銘のお墓である。
年末だったこともありハレルヤ・コーラスが私の脳を駈け廻る。
まったくこのエリア一帯はイングランドの歴史上に足跡を残したさまざまな芸術家を記念していて、
観れば観るほど新しい発見があるに違いないが、時間もないので次の空間へ。
じゃあ、続きは次回でーす…。

nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

nice! 4

コメント 6

いっぷく

有名人の墓がたくさんあるのに知っていた人物は10人くらいかな、
世界的に知られている人ぐらいでしたか。
そのとき、あんがい知識がないのかな>自分と思いました。
by いっぷく (2009-04-18 16:54) 

TaekoLovesParis

撮影禁止のときは、ポストカードを買うしかないですね。
でも、おかげさまで、こんな感じに詩人はグループでまとめられてるのね、ってわかります。
戴冠式用の椅子、写真ではさほどボロに見えませんよ。足元のライオン
に支えられ、いかめしいです。

by TaekoLovesParis (2009-04-19 23:22) 

りんこう

いっぷくさん。こんばんは!
僕もあらかじめ調べていったからわかったのかもしれません。
もっとじっくり観ると実に面白いところだと思いますが、
観光客が多くて、そんなゆとりはありませんでした。

Taeko さん。こんばんは!
戴冠式の椅子はぼろに見えないかもしれませんが、
オーディオ・ガイドがやたらぼろぼろであることを強調していました。
写真撮影禁止の分、ポストカードは10枚買いましたよ。
by りんこう (2009-04-29 18:38) 

rosicrucian87839

初めまして、rosicrucian87839です。よろしければ、お写真のコピペを了解していただきたく、コメントしました。お願いします。
by rosicrucian87839 (2012-10-08 19:34) 

りんこう

rosicrucian87839さん、こんばんは!
ご訪問ありがとうございます!
この記事の画像でしたら、お使いいただければと思います。
といっても、現地で購入したポストカードの画像なんですが。
by りんこう (2012-10-08 22:44) 

rosicrucian87839

ありがとうございます。
by rosicrucian87839 (2012-11-04 21:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。