So-net無料ブログ作成

「謎の鍵」の使用方法 [2014-15欧州3ヶ国の旅]

2015年1月3日(土) 午前9時29分 ベルギー ブリュッセル ジュ・ド・バル広場

謎の鍵①
謎の鍵

さて、前回の記事で登場した「謎の鍵」の使用方法を今回明かすことにしたい。
コメント欄でご回答いただいた皆様。ありがとうございました!
中に何かを入れて使用する。とお考えの方が多かったようですが。残念!ハズレです!
もったいぶらないで、正解を発表いたします。これはワインの栓を開ける道具です!
では、この鍵でどのようにして栓を開けるのか?

謎の鍵②
この中に何か入れて使うものではありません!

前回の記事にも載せたように、私はこの鍵と全く同じものを帰国後、骨董市で発見した。
それが1本10000円以上する値が付いて売られていたことも載せた。
当然、私は店の人にこの「謎の鍵」の使用方法を訊ねないわけにはいかなかった…。
店主は事もなげに鍵の取っ手部分を外して見せてくれた。
すると、取っ手部のねじの先にワインの栓を開けるためのスクリューがついているではないか!

謎の鍵③
本来は矢印の箇所にスクリューがついているはず…

本来ならば、取っ手のねじの先についているはずのスクリュー。
私がブリュッセルの蚤の市で買った鍵にはそれがない。
あらためて「謎の鍵」を見てみると、どうもスクリューの部分が切り取られたようになっている。
これでは何の役にも立たないのであった…。
ブリュッセルの蚤の市。ガラクタの中から掘り出し物かと思ったらやっぱりガラクタだった…。
というわけで、「謎の鍵」の使用方法。正解は「ワインのコルク開け(使用できず)」でした!
んなもん、わかるかい!!!

蚤の市
蚤の市

宿をチェックアウトもせずに蚤の市に来ていたので、ここでいったん宿に戻った。
円形の鳥の飾りとガラクタであることが判明することになる「謎の鍵」を持って。
チェックアウトし、スーツケースを預かってもらい、あらためてブリュッセルの街歩きを開始。
次に目指すのはアンティーク市である。
ジュ・ド・バル広場の蚤の市より、本格的な骨董を扱っているということである。
このアンティーク市はジュ・ド・バル広場よりさらに先にあるけれど徒歩圏内。

ブリュッセルで
ブリュッセルで

雨脚が強くなってくるのが恨めしかったけれど、のんびり歩いていくと大きな教会を発見。
とりあえず、入ってみることにした。
椅子に腰かけ、ガイドブックを取り出して、何という教会なのか確認をする。
ノートルダム・ド・ラ・シャぺルという教会であるらしい。
そして解説を読んで驚いた。画家ブリューゲル(父)の墓所であるらしいのだ。

教会
ノートルダム・ド・ラ・シャぺル

かつては、著名人の墓所巡りに熱を上げていた私であるが、今は優先事項ではなくなった。
それでも、無意識のうちにこういうところに引き寄せられてしまうのだろうか?
しかし、ブリューゲルという画家は何人かいるはずである。
ブリューゲル(父)とはどんな作品を残した人であったろうか…。
情けないことに、パッと想い出すことができなかった。

教会で
ノートルダム・ド・ラ・シャぺル

ともかく、せっかくである。ブリューゲル(父)の墓はどこなのか。
教会内をぐるりと回ると、一角にブリューゲルの名が刻された碑を見つけた。
ここが墓ということになるのだろうか。ピーテル・ブリューゲル (1525-1569) のお墓。
スマートフォンで調べると、この人の代表作には「バベルの塔」がある。
他にも見たことのある絵がいっぱいあった。きっと一番有名なブリューゲルであろう。
いやはや、このような大画家の墓所に図らずも辿りついてしまうとは…。

ブリューゲルのお墓
ピーテル・ブリューゲル (1525-1569) のお墓

ブリューゲルのお墓②
ブリューゲルの墓碑
nice!(90)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

nice! 90

コメント 5

mimimomo

おはようございます^^
コルク栓抜き・・・思いいたらなかったです。
by mimimomo (2016-01-25 08:41) 

su-nya

墓所巡り、霊園探索、
意外と楽しいです。
by su-nya (2016-01-26 06:16) 

旅爺さん

謎の鍵・・・買う時は気が付きませんよね。
by 旅爺さん (2016-01-30 17:26) 

ニッキー

ワインのコルク明け(@_@;)
それは全然思いつきませんでした(^_^;)
お洒落ですねぇ(^^♪
by ニッキー (2016-01-31 22:23) 

りんこう

mimimomo さん、こんばんは!
これは正解しろというのが無理な話ですよね。
しかも使えないわけですし…。

su-nya さん、こんばんは!
海外だと墓地も観光スポットだったりしますからね。
日本も外国人観光客がだいぶ増えてきましたが、
日本の墓地に行く人はいるんですかね?

旅爺さん、こんばんは!
ガラクタ市ですから、店主に訊ねてもわからなかったかもしれません。
そもそもそこまでの語学力がないのですが。

ニッキーさん、こんばんは!
まあ、飾っておく分には面白い一品です。
意外と気にいっています。
by りんこう (2016-02-24 22:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント