So-net無料ブログ作成

CBの悲劇 [2015中欧3ヶ国の旅]

2015年12月30日(水) 午前11時47分 チェコ共和国 チェスケー・ブジェヨヴィツェ

チェコのポスト.jpg
チェコの郵便ポストはこんな感じ

旧市街の空間を抜け、ビール醸造所を目指す。
大通りをまっすぐ行けばいいのだから、迷いようがない。
しかも、遠くに醸造所らしき建物が早くも見えている。
さて、これから訪れる醸造所では、ブデヨヴィッキー・バドバーというビールを造っている。
チェコ語だと"Budějovický Budvar"。これを英語にすると"Budweiser Budvar"。
つまりはバドワイザーであるのだが、本家はこちらチェコなのである。

通りをまっすぐ行く
ひたすらまっすぐ行く

遠くの方に醸造所の建物は見えていたのだが、なかなか近づいてこない。
結局、ガラス張りの醸造所の建物に到着するまで、20分ほど歩いただろうか。
自動ドアを抜けると、右にブデヨヴィッキー・バドバー・グッズを扱うお土産屋。
ここでは何らかの品を購入するつもりでいるが、それは後回し。
まずは醸造所ツアーの予約をしなければならないのである。
せっかくここまで来たのに、ツアーが定員に達し、見学不可なんてことになったら!
真っ先に受付で午後2時からのツアーに参加したい旨告げ、チケット購入。
120チェコ・コルナである。600円ほどであろうか。

醸造所
ブデヨヴィッキー・バドバーの醸造所

建物内部
建物内部。お土産屋がある

時刻は正午を過ぎたところ。ツアーは前述の通り午後2時から。
それまでは、併設のレストランでランチを取ろう。
過去のチェコ訪問を想い出すと、印象深い食べ物はクネドリーキである。
クネドリーキはモチモチした蒸しパン(正確には茹でパン)である。
肉料理なんかの付け合わせでよく出てきた。あれをもう一度食べてみたい・・・。
もちろんビールもいただこう。ただしランチで飲み過ぎてはダメである。
ランチで飲み過ぎてしまっては、ツアー中にトイレに行きたくなってしまうかもしれない。
ツアーは60分ほどだというが、その間に我慢できなくなり、中途で脱落という失態は避けたい。
それに、ツアーではタンクから直に汲んだビールをいただけるのだ。
ランチで飲むのは、ほどほどにするべきである。

ビールがいっぱい
ビールがいっぱい

ビールケース
ビールケースがいっぱい。アンディ・ウォーホルみたいだな・・・

そのようなことをいろいろと考えながら、私は張り切ってレストランに乗り込んでいった。
しかし、そんな私に待ち受けていたのは、満席のレストランであった・・・。
見るからにとても混雑をしている。でも私は1人なのだ。1つくらい空席はあるだろう。
スタッフに人数を聞かれてもいないのに、人差し指を立て「1人です」とアピールをする私。
しかし、スタッフは首を振るばかり・・・。いったい、どういうことなのだ!
ボケッと立ち尽くしていると、スタッフは英語で説明してくれた。
今は予約客でいっぱいで、予約が無いと受け付けられないのだという。そんなバカな!
私は食い下がった。もうちょっと後の時間に来れば大丈夫でしょう?と尋ねる。
スタッフは伏し目がちにソーリーと言った。今日は予約客オンリーであるらしい。バカな・・・。

レストラン入口
レストラン入口

悄然として、私はレストランから出てきた。
その私の横を、食事をしてきたばかりの、恐らくは日本人のおばちゃん達が通り過ぎる・・・。
私の方を気の毒そうにチラチラと見ている・・・。こ・・・、こっちを見るな!
もう限界であった。昨晩、そして今朝。私はサンドウィッチの類いしか口にしていないのである。
それでもいいと思ったのは、ここCBでおいしい料理とビールを楽しむつもりでいたからだ。
しかし、その楽しい食事ができないとなると・・・。

ジョッキ
ビール・ジョッキがたくさんロッカーに入っている。常連さんの「キープ・ジョッキ」だろう

レストランの建物の入口を改めて振り返ると、何やら貼紙がしてあった。
チェコ語であるから意味がよくわからないのだが、"REZERVOVÁNA"の文字が掲げられている。
これは・・・。おそらく英語で"RESERVE"とかそういう「予約」を意味する類いの単語なのだろう。
張り切ってレストランに入っていった私に、こんな貼紙など目に留まるわけが無い・・・。

貼紙
貼紙。"REZERVOVÁNA"の文字が・・・

ここで、私は無念の決断をした。醸造所ツアー不参加である。
もちろん食事抜きでも醸造所ツアーに参加すれば、タンクから直に汲んだビールが待っている。
きっと、さぞおいしいのだろう。しかし・・・。私はどうしても食事をしたかった・・・。
120チェコ・コルナは無駄になってしまったが仕方が無い。私は食事がしたいのだ。
私は旧市街周辺に戻り、ブデヨヴィッキー・バドバーが飲めるレストランを探し歩くことにした・・・。

ジョッキ
傷心の私は、最後にお土産屋で0.5Lのビール・ジョッキを購入。醸造所を後にした・・・
nice!(103)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

nice! 103

コメント 9

めぎ

あらら・・・それはなんとも残念でしたね・・・
この後美味しい食事に出会えることを心からお祈りします。
by めぎ (2016-12-08 03:19) 

mimimomo

おはようございます^^
空腹と言うのは何事にも耐えがたいですものね~お気の毒。
その後はどうでした。戻ってこれなかったのかしら・・・
by mimimomo (2016-12-08 07:52) 

ニッキー

まさかの予約ONLY(>_<)
楽しみにしていただけにとても残念でしたねぇ(T_T)
by ニッキー (2016-12-08 13:19) 

ぴーすけ君

残念でしたね。
次回に機会がると良いですね。
by ぴーすけ君 (2016-12-08 20:22) 

りんこう

めぎさん、こんばんは!
次回はそのお食事のおはなしとなります・・・。
さて、どうなったでしょうか・・・。

mimimomo さん、こんばんは!
戻ってこれなかったということはないですよ!
まあ、このCBの悲劇もネタとしてはおいしかったかなと・・・。

ニッキーさん、こんばんは!
もう年末も年末。12月の30日のおはなしです。
この時期は人が多いのかもしれません・・・。
楽しみにしていたんですけれどねぇ・・・。

ぴーすけ君さん、こんばんは!
別の醸造所でもよいので、いつかリベンジということで見学したいですね。
by りんこう (2016-12-08 21:46) 

yakko

お早うございます。
忘れられない思い出になりましたね(;_;)
by yakko (2016-12-09 08:44) 

りんこう

yakko さん、こんばんは!
そうですね。かえって忘れられないかもしれません。
旧市街で食事して、また醸造所に戻る。というのも考えたのですが・・・。
それにはさすがに時間の余裕がなさ過ぎました。
by りんこう (2016-12-09 23:21) 

pooh

こんばんは(^_^)
醸造所ツアーはビールが飲めて楽しそうですが、空きっ腹だと
辛いですよね。それにしてもレストランは残念でしたね!
旅行にアクシデントはつきものですが、我が家の旅行も
時々アクシデントに見舞われます。
by pooh (2016-12-11 20:50) 

りんこう

pooh さん、こんばんは!
僕は空きっ腹でも全然OK!と覚悟を決めていましたのに・・・。
本当に残念な結果となりました・・・。
仰るとおり、旅にアクシデントはつきもの。
こういうことがあったからこそ、おいしい記事となったと思います。
by りんこう (2016-12-11 21:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント