So-net無料ブログ作成

K23次発車 [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月17日(土) 午前11時20分頃 北京駅 K23次の中

コンパートメント①
コンパートメント

ひげを蓄えた長身のおじさんが私のコンパートメントに入ってきた。
おじさんの一言目は「君は英語を話せるか?」であった。
私は「少々」と答えたのであるが、本当は「話せない」というのがより正確である。
おじさん(以下T氏)はスウェーデンはストックホルムからやって来たのだという。
私はこの5年前、ストックホルムを訪れたことがある。
そんなこともあって、「オー!ストックホルム!」と言おうとしたが・・・。
緊張していたのであろうか、「オー!スコットランド!」と言いそうになってしまった・・・。

コンパートメント②
コンパートメント

このT氏とウランバートルまで同じコンパートメントということになった。
T氏は仕事で中国に来ていたようだが、数日休みが取れたため、この列車に乗車したらしい。
私が日本から来たことを伝えると、T氏は去年日本を訪れたと話してくれた。
スマートフォンを操作して、そのときの画像を見せてくれた。
美味しそうに刺身を食べる浴衣姿のT氏がそこにはあった。

トイレ
隣のコンパートメントと共用のトイレ

人見知りの私はその画像を見ながら、はて、何を話したらよいものかと考えていた・・・。
日本を訪れたことがあるということなので、「相撲」の話をすることにした。
「モンゴルには強い相撲レスラーがたくさんいるんですよ!」
残念ながら、T氏の反応はよくなかった。
私はスマートフォンを操作し、相撲の画像をT氏に見せてあげた。
すると、なんとかわかってくれたようである。いつか相撲を見てみたいと言ってくれた。

廊下
K23次の廊下

そんな会話を交わしていると、モンゴル人のおばさんの車掌がまたやって来た。
やっぱり旭鷲山みたいな顔をしている。
スティックコーヒーをトレイに載せて持ってきて、何か言っている。
しかし、モンゴル語であるからよくわからない。これは売り物なのだろうか?
私とT氏はいくらなのかと車掌さんに尋ねたが、まるで通じない。
そのうち、うやむやになって、旭鷲山はずんずん去って行った。

ヘッドホン
コンパートメントにあったヘッドホン。何も聞こえなかった・・・

さて、ここでついにK23次は発車である。定刻である。
次に停まる駅は、張家口南という駅で午後2時38分の到着予定だから、まだ3時間以上ある。
列車は山がちなところを走っていく。トンネルもよく通過したように思う。
T氏は弁当を食べ出した。今朝チェックアウトしたホテルでつくってもらったそうだ。
私はどうしようか・・・。とりあえず、北京駅で購入した缶ビールを1本空けたが・・・。
もうお昼だし、食堂車に行ってみることにした。

山がちな風景
山がちな風景

いくつか車両を行った先に食堂車があり、入ると既に食事をしている欧米人が何人かいた。
私が席に座ると、中国人の若い女性スタッフがすぐにメニューを持ってきた。
紙に提供できる料理が手書きで書いてある。
手書きのメニューは漢字と英語とで記載されているから、どういう品かは想像ができる。
この中から、木耳と野菜の炒め物を注文してみた。これが30元。450円ほどである。
あとまた缶ビール。これは20元。300円ほど。ご飯は別に3元取られたような気がする。
非常にシンプルな料理であるが、意外と美味しかった。

食べたもの
食べたもの

食事後、コンパートメントに戻る途中で、シャワー室があるのを発見した。
この4年前、ボストーク号に乗った際は、シャワー室は見当たらなかった。
あのときは6日間、北京からモスクワまでシャワーも浴びずにいたのである。
ボディパウダーシートなるものを日本で購入していって、それで体を拭いて済ませていた。
今回はそんなことをしなくてもよさそうであるが、ウランバートルへは1日で到着する。
だから、やっぱり別にシャワーは浴びないでしょう・・・。

シャワー室
シャワー室
nice!(109)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

nice! 109

コメント 7

mimimomo

おはようございます^^
普段使わない言葉は、とっさの時スムーズに出ないですよね^^ 先日わたくしも似たような経験をしました。幸い相手の方は分かってくれましたが。
あまり広くないコンパートメントの中に言葉がわかりにくい人と一緒に居るのはお疲れになりませんでしたか? 
木耳の炒め物は美味しそうですが、ご飯はどうだったかしら。日本のお米を食べ慣れていると、どうも外国で食べるご飯は・・・食欲がわきません。
by mimimomo (2017-02-18 07:26) 

yakko

お早うございます。
少し会話の出来る人と一緒は良いような、緊張するような〜σ(^◇^;)
by yakko (2017-02-18 08:42) 

ぴーすけ君

言葉がうまく通じないながらもコミュニケーションとれると 長旅も楽しいものになりますね(私は なぜかいつも海外への飛行機に乗ると 国に関係なく 話し相手となり、下りるまで知らない人と話すことになります、なんでだろ?不思議です。)
食堂車、外の景色を見ながら食べるのいいですね。
by ぴーすけ君 (2017-02-18 17:47) 

ニッキー

知らない人とずっと一緒って日本語を話す相手でも難しいのに、
言葉が違うと余計に緊張しちゃいます(⌒-⌒; )
食堂車って高いイメージ(日本だから?w)があって未体験なんですが、これくらいの値段で景色を楽しみながら食べられるんだったら良いなぁ( ^ω^ )
by ニッキー (2017-02-18 18:55) 

ゆきち

旅は道連れ、身振り手振りや絵を描いたりしてコミュニケーションを測るるのもまた一興かもしれませんね。
昔々、子供連れのイタリア人家族とお菓子の包み紙で作った折り鶴で盛り上がり、列車の中でいっぱい鶴を作って配ったのを思い出しました^^;
by ゆきち (2017-02-19 18:07) 

coco030705

こんばんは。
ヘッドホンから何も聞こえなかったというのはわかる!私もベトナム航空に乗ったとき、行きは全くヘッドホンから何も流れず、画面で映画も観れなかったんです。聞いても今は使えませんだけで、謝ることもなし。日本じゃ考えられないので(*_*;でした。

by coco030705 (2017-02-21 18:25) 

りんこう

mimimomo さん、こんばんは!
どうせまたガラガラなんだろうと思って乗車したのでこの展開は意外でした。
個人的にはこういう展開は苦手なんですが・・・。
でも、いい人でよかったですよ。
あと、mimimomo さん、するどいと思いました。
ご飯はいまいちでした。日本の方がおいしいです。

yakko さん、こんばんは!
緊張しますよね。英語できないし・・・。
でも、今想い出すと、だいたい意思は通じていたような・・・。
何とかなるものなんですね。たぶん・・・。

ぴーすけ君さん、こんばんは!
飛行機で知らない人と話すことになるというのはすごいですね。
僕も1,2回ならありますが、ほとんど黙って座っていますからね。
素晴らしいことだと思います。

ニッキーさん、こんばんは!
仰るとおりで、日本人でも難しいですよね。
かえって言葉の通じない外国人のほうが楽なのかな?なんて。
そんなわけないか・・・。
食堂車は高いんだか安いんだかわからない料金設定でしたね。

ゆきちさん、こんばんは!
折り紙!そうですよね!持って行けばよかったかな。
実は、北京からモスクワまで列車の旅をした時は折り紙を持って行ったのです。
ただガラガラだったので、そのときは折り紙の出番はありませんでした・・・。

coco030705 さん、こんばんは!
僕はたぶんベトナム航空は乗ったことないですね。
CAさんがアオザイ着ているんですよね。
ベトナム・・・。フォーが食べたくなってきた・・・。
by りんこう (2017-02-27 00:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント