So-net無料ブログ作成
検索選択

モンゴルの国境へ [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月17日(土) 午後2時40分頃 中華人民共和国 張家口南駅

張家口南駅
張家口南駅

K23次はほぼ定刻に張家口南という駅に到着したが、乗客は誰もホームに降りようとしない。
停車時間はそんなに無い。私もホームに降りて一息つくことは憚られた。
そのまま列車は出発。次の停車駅は集寧南というところで、午後5時頃に到着予定である。
集寧南に到着するまで、ぼんやり車窓からの景色を見る。
北京出発後の山がちな風景からだいぶ変わってきた。だいぶ草原のようになってきた。
内モンゴル自治区に入った辺りであろうか?

ひつじ
ひつじたち

モンゴルの入国カードが配布された。
T氏と向かい合って記入をするが、記入の仕方がよくわからない箇所があった。
T氏を見るとやはり悩んでいるようである。
私が「ブランクでいいんじゃね?」というような答えをし、2人ともその欄は何も記入せず。
それで何もなかった。だいたい中国、モンゴルの国境では荷物検査も無かった。
北京駅に入構する際に厳しく荷物検査しているからよいということなのか。

車窓から①

だいぶ日が西に傾き始めた頃、集寧南に到着した。
この駅には10分以上停車するようなので、ホームに降りてみることにした。
T氏も一緒に降りたが、T氏は集寧南の空気を思い切り吸い込み、空気がいいと言った。
もうここまで来ると内モンゴルに入ってきているので、北京の辺りとは空気が違うのだろう。
空の色も心なしか澄んでいるような気がする。
しかし、この駅は周りの風景と不釣り合いに無機質で新しい駅であった。

集寧南
集寧南駅

集寧南を出ると、ズルフという駅に停まるが、これはわずか3分程度。
その次に停まるのが、いよいよモンゴルとの国境の町、二連浩特(エレンホト)である。
午後9時48分の到着予定ということになっている。

集寧南駅で
集寧南駅で

二連浩特では、台車の付替という作業が行われる。
中国の鉄道の軌間は1435mmで、一方、モンゴルの軌間は1524mm。
線路幅が異なるためにこのような作業がある。
それは4年前、中国からロシアに入った際にも私は経験済みである。
しかし、その作業が深夜なのである・・・。その作業。見てみたいのだが・・・。
この日、早朝に羽田からやって来た私には眠くてたまらないであろう・・・。

車窓から②

さて、集寧南を出てしばらくすると、私とT氏のコンパートメントにひとりの男性が現れた。
私を見て「日本人の方ですか?」と日本語で尋ねる。
私は「そうです」と答える。
彼はN氏という20代で九州の人であった。というわけでN氏は日本人である。
気がつかなかったが、隣のコンパートメントにひとりでいたようである。
N氏は集寧南の駅に停車した際、私とT氏が隣のコンパートメントにいることを知ったようだ。

ビール
燕京啤酒

食べたもの
食べたもの

そんなわけで、私、T氏、N氏の3人は、私とN氏のコンパートメントで語らうことになった。
各自持ってきていた菓子類をつまみに飲みが始まった。
そのまま晩飯ということで食堂車へ移動である。3人で瓶ビールの燕京啤酒を注文し飲む。
あとは各自食べたいものを勝手に食した。
周囲を見ると、欧米人の乗客がやはり燕京啤酒を片手に語らっている。
そのうちのひとりの若者に「どこまで行くのですか?」と尋ねたが、これは愚問であった。
「何ヶ月も旅するから、最終目的地など決めていないさ」と彼は答えるのであった・・・。

もうすぐ国境
食堂車からコンパートメントに戻って、もうすぐ国境
nice!(110)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

nice! 110

コメント 7

ゆきち

目的地を決めない旅、時間にも心にも余裕がないとできませんね。
とても素敵です^^
by ゆきち (2017-02-26 00:17) 

mimimomo

おはようございます^^
如何にも国際列車^^ 見知らぬ人と語り合うのも素晴らしい経験ですね。
by mimimomo (2017-02-26 06:43) 

ニッキー

「最終目的地を決めないで何ヶ月も旅をする」羨ましいような落ち着かないような(⌒-⌒; )
by ニッキー (2017-02-26 23:57) 

yakko

お早うございます。
モンゴルの草原は広大で壮大で・・・  優しい夕焼けですね〜
by yakko (2017-03-01 08:37) 

ぴーすけ君

電車の中で「内モンゴル自治区」に入ったんだろうな~って思わせる
文字ではなく景色で感じるっていいですね~。
by ぴーすけ君 (2017-03-01 12:15) 

旅爺さん

広大なモンゴルの草原を馬か列車で走ってみたいです。
by 旅爺さん (2017-03-03 16:27) 

りんこう

ゆきちさん、こんばんは!
僕は予定を決めておかないとダメな人ですね。
やっぱり時間が限られているので、効率よく回りたいですね。

mimimomo さん、こんばんは!
逆に言うと、この列車は旅行者ばかりということかもしれません。
一般の旅客はモンゴルに乗るのにわざわざこの列車は使わないでしょうね。

ニッキーさん、こんばんは!
そうです。僕はやっぱり目的地を決めないと落ち着かないですよ・・・。
やっぱり旅の仕方は人それぞれなんですね。

yakko さん、こんばんは!
このあとモンゴルの広大な景色が続きます。
何枚も写真を撮りましたが、みんな同じような風景でした。
それほどまでに、広くて変わらない景色が続きました。

ぴーすけ君さん、こんばんは!
景色は明らかに変わってきました。
国境を越えると、モンゴル式住居ゲルが登場します。
ボーッと変わりゆく風景を列車から眺めるのはいいものですね。

旅爺さん、こんばんは!
ツアーに参加すれば乗馬体験とかもできたのですが、僕はパスでした・・・。
その分、列車からの景色を楽しむことにしたのでした。
by りんこう (2017-03-06 22:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント