So-net無料ブログ作成
検索選択

チョイル駅 [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月18日(日) 午前11時14分頃 モンゴル国 チョイル駅

車窓から
車窓から

K23次はチョイル駅に到着した。この駅には十数分停車することになっている。
プラットホームに降りてみた。
乗車口を降りてすぐのところに、物売りが待機していた。
ショッピングカートの中にコーラなどのドリンク類、菓子類などを入れて待っている。
が、誰も買おうとはしない。というか、買う人はいるのであろうか?
物売りは母と子の親子であるように見えた。特にしつこくセールスしてくることもない。

チョイル駅①
チョイル到着

プラットホーム
プラットホーム

プラットホームに降りるとT氏は大きく深呼吸をして、空がきれいだと言った。
駅舎は明らかに中国の駅とは違う。ロシア風というのか。それともこれがモンゴル風なのか。
時計がぶっ壊れているのが印象的である。
駅の周囲はとても閑散としているが、そこに銀色の像が建っている。
遠くから見ただけだが、どうもやり投げの要領でロケットを投げている人物の像に見えた。
珍妙な像であると思った。造形はいかにもこの国が社会主義国であったことを感じさせる。

チョイル駅②

駅舎①
Чойр(チョイル)駅の駅舎。時計がぶっ壊れている

この時はわからなかったが、帰国後、チョイルに着いて調べていたら、像の正体がわかった。
この像はジェクテルデミット・グラグチャという人を記念するものであるようだ。
ジェクテルデミット・グラグチャはモンゴル人初の宇宙飛行士となった人物である(1981年)。
アジア人でも2番目の宇宙飛行士だそうだ(アジア初はベトナム人とのこと)。
通りでロケットをモチーフとしていたわけだ。

像
記念碑

駅舎の中を見てきたN氏は、スターリンの写真を見つけたらしい。
もう発車間際だったので、私自身は確認をしなかったが、未だにそんなものを飾っているのか。
チョイルではそういった社会主義時代の痕跡を目にし、コンパートメントへ戻った。

駅舎②

チョイルを出発すれば、次に停まるのはウランバートルである。
午後3時半頃の到着予定。4時間近くある。
それまでの間、スウェーデン人のT氏と九州から来たN氏と私はいろいろ会話をした。
N氏は私よりよっぽど英語ができるので、T氏との会話もスムーズそうであった。

空
チョイル駅の空

英語がダメな私ではあるが、スウェーデン人のT氏に訊いてみたいことがあった。
近年、新札が発行されたスウェーデンの紙幣のことである。
この紙幣。肖像にグレタ・ガルボやイングマール・ベルイマンが採用されていると聞いていた。
映画ファンならたまらない顔ぶれである。
この話をふったところ、T氏はその通りだ!と言ってとても喜んでくれた。
ベルイマンは偉大な監督ですよね!と私は応じたが、実はそんなに作品を見ていない・・・。

K4次
モスクワから来たK4次とすれ違った!

私が映画好きであることを知ったT氏は、「スター・ウォーズ展」のことを話題にした。
ウランバートルで「スター・ウォーズ展」が開催されているというのである。
T氏はそのことが掲載されている雑誌をカバンから取り出そうとしたが、見つからなかったようだ。
モンゴルで「スター・ウォーズ展」?
ピンとこなかったし、ウランバートル滞在中もそのような展覧会の情報は確認できなかった。

チラシ

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年)の映画チラシ

翌日、ウランバートルでモンゴルの伝統芸能を鑑賞した私はハッとした。
アミダラ女王そっくりの衣装をまとった人が出てきたのである。
あれは日本の影響を受けたものだとばかり思っていたが、実はモンゴルだったのか・・・。

伝統芸能
伝統芸能
nice!(117)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

nice! 117

コメント 6

yakko

こんにちは。
映画の話題は世界共通で良いですね∈^0^∋
by yakko (2017-03-12 15:43) 

ぴーすけ君

駅は、ロシアっぽいというかモンゴルっぽいですね
クラシカル。
by ぴーすけ君 (2017-03-12 16:43) 

mimimomo

こんにちは^^
この空の色! 日本と違うのですよね~思い出の一つですよ^^
共通の話題があると言うのは良いですよね。
スターウォーズは見ていないですが、こう言う衣装の人が出てくるのですか? モンゴルって草原に住む人とウランバートルの人と全然違うから、こう言う衣装もわたくしには何だか特別のイメージです。
by mimimomo (2017-03-12 17:55) 

旅爺さん

ブログを通じていろんな姿のモンゴルを見てますが、
草原ばかりでなく発展も著しいですね。
by 旅爺さん (2017-03-13 12:59) 

ニッキー

モンゴル、空の色がとっても綺麗で広いですねぇ♪( ´▽`)
駅周りにもほとんど建物がないから余計に広く感じるのかな=(^.^)=
スウェーデンの新札、グレタ・ガルボの肖像なんですか(°_°)
うわぁ、本物を見てみたいです( ^ω^ )
by ニッキー (2017-03-13 21:47) 

りんこう

yakko さん、こんにちは!
そうですね。映画は共通の話題にしやすいですね。
もうちょっと英語が話せればいいのですが・・・。

ぴーすけ君さん、こんにちは!
ウランバートル市内にも独特の建物がありましたので後々紹介しますね。

mimimomo さん、こんにちは!
掲載したチラシの中央右寄りにいるのがアミダラ女王です。
ナタリー・ポートマンが演じていましたね。
美術館にも行ったんですが、やっぱり同じような伝統衣装が展示されていました。

旅爺さん、こんにちは!
モンゴルでもウランバートルとそれ以外とではだいぶ違うようですね。
これから先はウランバートルの記事となります。

ニッキーさん、こんにちは!
僕もスウェーデンの新紙幣、見てみたいのですよ!
そのためにスウェーデンに行きたいくらいです。
まあ、金がないのですが・・・。
by りんこう (2017-03-19 11:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント