So-net無料ブログ作成
検索選択

リュブリャナの蚤の市 [2015中欧3ヶ国の旅]

2015年12月27日(日) 午前7時51分 スロヴェニア共和国 リュブリャナ

朝食
朝食

昨夜、ホテルにやってきたけれど、もう午後11時で街の様子はわからなかったのである。
泊まった部屋の窓から外の様子をうかがってみたが、とても静かで車の通行もあまりなかった。
リュブリャナはスロヴェニア共和国の首都であるが、人口はガイドブックによると27万人。
私の住む市よりは多いけれど、隣の所沢市の人口よりは少ない。

ホテル前
宿泊したホテルの前の通り

ホテルで朝食を食べ、リュブリャナの中心部へ繰り出してみた。
午前9時前、霧がかかっている。人通りは少ない。やっぱり静かである。
にわかにヨーロッパの街並みに迷い込んだことを実感する。
迷い込んだと言っても、実際に迷っているわけではなくて、一応は目的がある。
それは蚤の市である。

リュブリャナで
リュブリャナで

リュブリャナでは日曜日に蚤の市があるという情報を得ていた。
私はちょうど日曜日にリュブリャナに滞在している。これは冷やかさないわけにはいかない。
1月にはブリュッセルのアンティーク市で錫製のカエルを捕獲している。
また何か面白いものがあれば購入するつもりでいた。

肉屋の橋①
南京錠でいっぱいの肉屋の橋

リュブリャナの蚤の市は旧市街で開かれているとのことだった。
私が宿泊しているシティ・ホテルは新市街に位置している。
そこからリュブリャニツァ川を渡った向こうが旧市街。
とりあえずそちらの方へ・・・。

肉屋の橋②
変なオブジェのある肉屋の橋

南京錠が無数にかけられた「肉屋の橋」という橋を渡り旧市街側へ入った。
川沿いに歩き、この街の名所のひとつである「三本橋」へ。
インフォメーションがある。旅行者が拠点とする街の中心部がこのあたりだろう。
新市街側にフランシスコ教会とその前にプレシェーレノフ広場が見える。
一方、旧市街側はというと、道の両脇に蚤の市の出店が並んでいた。

三本橋
三本橋のたもとから。向こうに見えるのはフランシスコ教会

よくわからぬものがたくさん並んでいたが、スロヴェニアならではのものもあった。
例えば、サラエヴォ五輪の灰皿。
今思えば、買ったら面白かったかもしれないと後悔をしている。たばこは吸いませんが・・・。
サラエヴォ五輪。1984年ユーゴスラヴィア(当時)の首都、サラエヴォで開かれた冬季五輪。
サラエヴォは現在はボスニア・ヘルツェゴビナの首都であるが、当時はユーゴスラヴィアだった。

旧市街
旧市街

ユーゴスラヴィアは6つの社会主義共和国からなる連邦国家であった。
スロヴェニアもその6つの社会主義共和国のうちのひとつなのだった。
7つの国境、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字、1つの国家。
ユーゴスラヴィアの複雑な構成を示す表現である。
この複雑な国家を圧倒的なカリスマ性で統治していたのがチトー (1892~1980) という人である。
そういえば、蚤の市の一角で「チトー2016年カレンダー」が売られていたのを見た。
チトー元帥の写真がふんだんに使われているカレンダーであった。
未だに人気なのだろうか?これもまた旧ユーゴの国ならではのものである。

蚤の市
リュブリャナの蚤の市

さて、私はリュブリャナの蚤の市で何を購入したのか?
それは「三猿」の置物である。左から「言わざる、見ざる、聞かざる」の並びになっている。
置物の底にはドイツ語で以下の文字があった。

Die Weisheit
nicht hören
nicht sehen
niche sprechen

リュブリャナの蚤の市ではカエルは捕獲できなかった。
今回は猿であった・・・。まあ、明けて2016年が申年である。ちょうどいいと思ったのである。
それにしても「三猿」はもともとどこで発祥したものなのだろうか?
日本独自のものであると勝手に思い込んでいたのだが、外国でも「三猿」はちょいちょい見かける。
これはなかなか奥が深そうである・・・。

三猿
購入した「三猿」。15ユーロだった・・・
nice!(105)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

2015中欧3ヶ国の旅 [2015中欧3ヶ国の旅]

2015年12月26日(土) 午後1時23分 羽田空港

羽田空港
羽田空港

さて、新たな取材記の始まりである。期間は7日間。
2015年末、12月26日に日本を出発して、翌2016年元旦に日本へ帰ってくるという日程。
今回の取材に関しては、2015年の8月あたりからぼんやりと行き先を考え始めた。
前提として、ヨーロッパの訪れたことがない国に行ってみたいということがあった。
そして、鉄道で移動して複数の国を訪れたいということもあった。
そういう条件を頭に入れ、いろいろと航空券を調べてみたのである・・・。

時刻表

すると、スロベニアという国が候補として上がってきた。訪れたことのない国である。
スロベニアの首都はリュブリャナという街。
地図を開き、ここを起点とするルートを想い描いてみた。
すると、リュブリャナから鉄道でオーストリアのザルツブルクに行けるようだった。
ザルツブルクといえばモーツァルトの生まれた街。ぜひ行ってみたい!
そして、ザルツブルクまで行ってしまえば、ドイツのミュンヒェンはすぐであった。
またミュンヒェンでビールを飲んでみたい!

ビール
さっそく飲んでます

ミュンヒェンは「2010年の欧州5ヶ国の旅」で訪れた街である。
ミュンヒェン~インスブルック~リヒテンシュタイン~ストラスブール~パリというルート。
今回リュブリャナからミュンヒェンへの列車旅を行えば、その2010年のルートとつながる。
どうでもいいことではあるが、地図を見ながら、そんなことも魅力に思われた。
こうして、一旦は、リュブリャナ~ミュンヒェンというルートに決まりかけたのである。

ラーメン
空港でラーメン

ところが、欧州は混沌としていた。
バルカン半島や地中海などを経由して、大量の難民がEU諸国に流入していた。
ザルツブルク~ミュンヒェン間などはそのようなルートのひとつであった。
大量の難民が駅のホームを埋め、鉄道の運行が休止されているとの情報もあった。
不安に駆られた私は、ザルツブルクからウィーン方面へ向かうルートを考えた。
これであれば難民のルートとは逆方向になるものと思われた。

飛行機①
LH717便

ウィーンは「2007年中欧3ヶ国の旅」で訪れた街である。
プラハ~ウィーンというルート。違う年にプラハからポーランドへ鉄道旅をしたこともある。
今回リュブリャナからウィーンへの列車旅を行えば、これらのルートとつながることになる。
どうでもいいことではあるが、地図を見ながら、そんなことがまた魅力に思われた。

機内食①
機内食①

機内食②
機内食②

最終的に、今回の取材は以下のようなルートとなった。
短い時間ではあるが、チェコにも立ち寄ることにした。
ミュンヒェンに行けないのは残念であるが、これならチェコのビールを飲めるであろう。

2015年12月26日 羽田 → スロベニア共和国 リュブリャナ
    12月27日 リュブリャナ → ブレッド湖
    12月28日 ブレッド湖 → オーストリア共和国 ザルツブルク
    12月29日 ザルツブルク → リンツ
    12月30日 リンツ → チェコ共和国 チェスケー・ブディヨヴィツェ → ウィーン
    12月31日 ウィーン →
2016年 1月1日 → 成田

飛行機②
フランクフルトからはこの飛行機

空港
リュブリャナ空港

このルートを決定した後のことだったが、2015年11月、パリで同時多発テロ事件があった。
不安がなかったといえばウソにあるが、まあ大丈夫だろうと計画通りに取材をすることにした。
羽田からフランクフルトを経由してリュブリャナへと向かう。
フランクフルトからリュブリャナへは1時間ちょっとのフライトである。
リュブリャナの空港からホテルへは送迎(9ユーロ)を依頼していた。
小さなリュブリャナの空港から出てくると、その送迎のバンが目の前に待機していた。
若い女性のドライバーがリュブリャナの中心部へと実に頼もしく飛ばしていく。
バンには何組か別のホテルへ向かう客が乗っていたが、まず私が宿泊するホテルへと到着。
City Hotelというところである。チェックインして部屋に入ると、もう夜の11時を過ぎていた。

泊まった部屋
泊まった部屋。64ユーロ
nice!(96)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

2014-15欧州3ヶ国の旅(完) [2014-15欧州3ヶ国の旅]

2015年1月4日(日) 午後4時35分 ドイツ連邦共和国 フランクフルト空港

フランクフルト空港へ
フランクフルト空港の駅

ついにフランクフルト空港へ戻ってきた。6日前も見た風景が今目の前にある。
アルザスでクリスマス市を楽しみ、パリで知人と再会。
ブリュッセルではのみの市、美術館。ケルンではやっぱり大聖堂。
今回は初めて海外で年越しをしたわけであるが、大きなトラブルは何もなかった。
しかし、ここで帰国便として搭乗する航空機の到着が遅れているとの掲示を見た。

フランクフルト空港①

フランクフルト空港②

どうもフライト時間が2時間ほど遅れるらしい。
それならば、シュテーデル美術館にもっといられたではないか・・・。
そんなことを言っても仕方がない。いずれにせよフェルメールは見られなかったのだ。
仕方がないので、ドイツビールだ!と言ってビールを飲む。

遅延

遅延の掲示

ビール
とりあえずビール(ピンボケです)

帰国の機内では、映画を見ることもせず、出された機内食を食べ、後は寝ていたように思う。
機内では何も印象に残るようなことがなかった。
もう1年半以上前のことだから、あるいは忘れてしまったのかも知れない。
結局、成田には1月5日の夕刻に予定より1時間40分ほど遅れて到着した。
こうして今回の取材も無事に終了したのだった。

機内でビール
機内でビール

機内食①
機内食①

機内食②
機内食②

2014年の暮れから2015年にかけては欧州で大きなテロ事件が起きる前夜であった。
シャルリー・エブドの事件が帰国の2日後、1月7日である。11月にはパリ同時多発テロ。
今年3月にはブリュッセルでもテロ事件が起きた。
2015年の大晦日にはケルンで集団性暴行事件である。
なんだか私が渡航していた時とは違う世界、時代に突入してしまった気がする。
でも、実際はそうではなくて、私の渡航時にたまたま事件がなかっただけだろう。

アンティーク市
ブリュッセルのアンティーク市

たとえば、ブリュッセルのアンティーク市。
今回、錫製のカエルを捕獲した場所であるが、その近くにユダヤ博物館というところがある。
そのユダヤ博物館で2014年5月に発砲事件があり、3人亡くなっている。
この事件の容疑者はシリアに渡航歴のある、過激なイスラム思想に傾倒した男であったらしい。
私の渡航前にもうそういう事件が起こっていた。もちろん私もそのことは頭にはあった。
しかし、その後ここまでいろいろ事件が起きてしまうと・・・。
やっぱり、渡航は躊躇われてしまうのである・・・。

帰国
帰国

とは言いつつ、私は2015年末にまた「取材」と称する旅をしてきた。
行き先は懲りずにまたヨーロッパであった。
ただ、そのルートを選定するにあたってはかなり頭を悩ませた。
そのことについては、またの記事で載せることにしたいと思う。
と言うわけで、次回からはまた欧州取材の記事であります・・・。
いや、今年5月に台湾に行ってきた記事にしようか・・・。ちょっと悩んでおりますが・・・。
ま。今回もなかなか進まない私の旅行記におつきあいいただきありがとうございました!

ヨーロッパ
行ったところ(ヨーロッパ)

台湾
行ったところ(台湾)
nice!(72)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

シュテーデル美術館 [2014-15欧州3ヶ国の旅]

2015年1月4日(日) 午後2時18分 ドイツ連邦共和国 フランクフルト中央駅

フランクフルト中央駅①
フランクフルト中央駅

ストラスブール、パリ、ブリュッセル、ケルン。そして、6日ぶりにフランクフルトに戻ってきた。
フランクフルト。今までは乗り継ぎで空港を利用するのみの街であった。
だが、今回はちょっとこの街の美術館へ行ってみようと思う。
シュテーデル美術館である。長い時間はいられないだろうがぜひ行ってみたい。
なぜならば、この美術館にはフェルメールが1点収蔵されているからである。

フランクフルト中央駅②
フランクフルト中央駅

フェルメールのことは私の過去の記事でも何回か出てきたように思う。
この画家の現存する作品は30数点。私はこれまで20点程は制覇してきたと思う。
もちろん作品自体も素晴らしいけれど、数が少ないから、制覇しようという気持ちが湧いてくる。
そこでシュテーデル美術館である。ここが所蔵する「地理学者」は未見の作品なのであった。
やはりここはあらたに1点フェルメールを制覇しておかねばなるまい。

コインロッカー
コインロッカー

スーツケースをコインロッカーに預けて、マイン川方面に歩き出す。
幸いなことに、シュテーデル美術館は駅からさほど遠くないところにある。
マイン川にかかるホルバイン橋という歩行者専用の橋を渡り美術館へ。
ホルバイン橋のホルバインというのは画家のホルバインのことなのだろうか?
よくわからないが、渡ったところに美術館はある。少々並んでいる。
時刻はもう午後3時になろうとしている。
帰国の便のことを考えると、ここには1時間程しかいられないだろう。

マイン川
マイン川

ホルバイン橋
ホルバイン橋

入館料は14ユーロ。2000円くらいする。高いと思ったがフェルメールのためである。
急がねばならないが、展示室に入場しようとしたら、係員に制止されてしまった。
私がたすき掛けしているカバンを指さし、難色を示している。
カバンはロッカーに預けろということである。それは私だってそうしたい。
その方がゆっくり楽に鑑賞できる。でももうそういうゆっくりする時間がない。
それにそれほど大きなカバンではない。私は懇願するような表情になっていた。
すると、係員はまあいいだろうと笑って通してくれた。さあフェルメールだ。

シュテーデル①
真ん中にある肖像画2点がフランス・ハルスの作品

常設展示は2階であるようだったので、上がってみるとフランス・ハルスによる肖像画。
フランス・ハルスは好きな画家であるから、この肖像画をみつけ嬉しくなってしまった。
このように幸先はよかったが、展示室をいくら巡れどもフェルメールは見つからない。
時間はどんどんなくなるばかり。もはや鑑賞に集中できる状態ではなくなった。
そんな中でもボッティチェリの素晴らしい作品を見つけてキャメラには収めたが・・・。

ボッティチェリ

ボッティチェリ作「女性理想像」

これはいったいどういうことなのか?
結局、フェルメールの「地理学者」は展示されていなかったのである!
時刻は午後4時になろうとしていた。
私はミュージアムショップでポストカードを2枚購入して外に出てきてしまった。
これからフランクフルト中央駅に戻り、空港に向かうとなると・・・。
残念ではあるが、やはりもう時間なのである。

シュテーデル③

帰国後、納得いかなかった私は、インターネットで「地理学者」の展示について調べてみた。
シュテーデル美術館のホームページを見てもいいのだが、外国語であるからよくわからない・・・。
結局、日本のフェルメール・ファンが運営するホームページに私は行き着いた。
そこの情報によると、「地理学者」はブダペスト国立西洋美術館に貸し出されていたとのこと。
やっぱり・・・。30数点と言えどもフェルメールを制覇するのは大変だ・・・。

駅に戻る
フランクフルト中央駅に戻ります・・・
nice!(86)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行