So-net無料ブログ作成
検索選択

潘家園のカエル [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月17日(土) 午前9時16分 北京 潘家園駅

潘家園駅付近で
潘家園駅付近で

潘家園駅を出ると、路上にしゃがみ込んでガラクタを売っている人たちがいた。
ざっと見た限り、これらはほんとうにガラクタであるとしか思えない。
まさかこれが潘家園旧貨市場というわけではないだろう。
潘家園旧貨市場はどこにあるのか?
私は潘家園駅に到着してから10分ほど周辺をうろうろしてしまった。
結局、潘家園旧貨市場に到着したのは午前9時30分頃であった。

潘家園旧貨市場
潘家園旧貨市場

北京到着が遅れたこともあり、潘家園旧貨市場にいられる時間は限られている。
K23次が出発する1時間前ちょっと前までには北京駅に戻っていたい・・・。
そう考えると、潘家園旧貨市場には30分程しかいられないであろう。
しかし、それにしては潘家園旧貨市場は広すぎた。どこから見たらよいものか・・・。
ぱっと見た感じでは、玉(ぎょく)や壺を売る店が目立つ。
でも、私がそんなものを購入しても仕方がない。

潘家園旧貨市場①

私のお目当てはもちろんカエルを捕獲することなのであった。
広大な敷地から適当に見当をつけて店を見て歩く。
どうも、このあたりは伝統工芸品を売っているエリアのようである。
するとカエルを発見!一目見て気になってしまった。
他の店も見て歩くが、最前見たカエルが頭から離れられない・・・。

潘家園旧貨市場②

そのさっきのお店に戻り、今一度そのカエルを見せてもらう。
そのカエルは高さ4センチほど、「景泰藍」と呼ばれる七宝焼であるようだ。
店主は私がカエル好きであるとわかったらしく、他にもいろいろとカエルを出してくれた。
しかし、最初に見たカエルがやはり一番いい。これを捕獲することに決めた。
値段は50元。1元が15円と計算すると750円程か。これは適正な値段なのだろうか?
今、想い出してみると、特に値切ることもしないで捕獲してしまったのだが・・・。

潘家園旧貨市場③

カエル
捕獲したカエル

潘家園旧貨市場は興味深い場所だと思われたが、カエルでもう時間いっぱいである。
地下鉄で北京駅に戻ると、時刻は午前10時20分。K23次が出る1時間前である。
「寄存」に預けていたスーツケースを受け取り、北京駅構内へ。

北京駅
北京駅に戻ってきた

北京駅構内に入る際には、空港でやるような荷物検査がある。
そこを通過し、今度は台の上に立たされ、体に探知機を当てられる。
私は鼻炎であるので点鼻薬をポケットに入れていたのだが、これを問いただされた。
中国語は話せないので、点鼻薬を鼻の穴に入れ薬をつけるジェスチャーをする。
これで何事もなく通過できたが、当然いい気はしない。

北京駅構内
北京駅構内

ただ、駅構内に入ってしまえば、気も楽である。
北京からウランバートルまでの乗車時間は約28時間。列車内で1泊する。
4年前、北京からモスクワまで乗車した際は6日間乗りっぱなしであった。
それに比べるとやっぱり楽勝である。
4年前は車両内はガラガラで貸し切りに近いような感じであった・・・。
今回もおそらく乗客は少ないであろう。
北京からウランバートルまでわざわざ列車で行くなんて人間は少ないに違いない。
そんなことを考えながら、私は売店で、列車内で飲み食いするものを物色するのだった。

時刻表
K23に乗車する
nice!(119)  コメント(9) 

潘家園旧貨市場へ [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月17日(土) 午前8時16分 北京駅

北京駅
北京駅

現在の時刻は午前8時過ぎで、K23次の乗車時刻は午前11時22分。まだ時間がある。
HU7920便が遅れなかったとすれば、私は午前5時頃には北京駅に立っていたであろう。
では、予定通りに北京駅に着いたとして、午前5時頃から私は何をしようとしていたのか?
それは、潘家園旧貨市場というところに行こうとしていたのである。

潘家園旧貨市場は蚤の市のようなところで、広大な敷地で様々なものを売っているらしい。
ガイドブックによると「土・日・祝日 4:30~」という記述がある。
今日は土曜日であるので、早朝から開催されていて取材できるはずである。
だから、午前5時台に北京駅に着いたとしても、この潘家園で時間をつぶすつもりでいた。
そして、そこでカエルか何かを捕獲できればと・・・。

寄存
中央にある「站区寄存」が荷物預かり

それが今や午前8時台である・・・。
まあ構わぬ。まだ時間はある。とりあえずスーツケースを荷物預けに預けることにした。
4年前に北京駅に来た時も利用した「寄存」という表記がある同じ荷物預けに向かった。
スーツケースを差し出し、片言の英語で「荷物を預けてください」というも通じない。
4年前は通じないなりにも、割とスムーズに預けることができたと記憶しているが・・・。
預かり所のスタッフは中国語で何か言ってくるが、まったくわからない。
私は頭を回転させるが、回転させたところで中国語が突然わかるようにはならない。

大事なのは、言葉を理解することではなくて周囲の状況を理解することである。
このスタッフはこの状況で私に何を言わんとしているのか?
まさか私の歴史認識について聞かれているわけではあるまい。
だが、想像力の欠如している私は何を問われているのなかなかわからなかった。
これには困った。

すると、背後にいたおっさんが私に何やらIDカードのようなものを見せてきた。
このおっさんは、「このようなカードが必要になるんだよ」と言っているのだろう。
だが、私はそんなIDカードなぞ所持していない・・・。
あ、待てよ。パスポートを提示するのか!
パスポートを提示した私は無事にスーツケースを預けることができたのであった。
しかし、それならば片言でも「パスポート」と英語で伝えてほしかった。
中国語でべらべら話されても、まったくわからない・・・。

地下鉄路線図
地下鉄路線図。距離によって運賃が違う

さて、身軽になり、潘家園旧貨市場に移動である。
移動は地下鉄を利用する。北京の地下鉄は来るたびに進化している。
2008年。初めて北京を訪れた際。乗車券はまだ紙で改札にはもぎりの人がいた。
2012年。再度北京を訪れた際は、乗車券はICカードに変わっていた。
そして今回。今度は運賃が変わっていた。距離により運賃が変わる方式となったのである。
これまでは一律2元だったのだが・・・。
メモ帳に「潘家園」と表記したのを窓口に見せ、ICカードを得る。
潘家園までは4元である。

地下鉄乗車券売り場
地下鉄切符売り場

ICカード
ICカード

北京の地下鉄は駅構内に入る際、手荷物をX線の検査機にかけなければならない。
私はお茶のペットボトルを持っていたのだが、これもまたやっかいの対象となる。
係員に一口飲むよう促される。飲んで無害な液体であることを証明しなければならないのだ。
こうして北京駅から2回乗り換え、潘家園駅に到着したのは午前9時過ぎ。
K23次が出発する1時間前に北京駅に戻るとして・・・。
潘家園で過ごすことができる時間は1時間ほどであろう。
何か面白いものはあるであろうか?

潘家園駅を出て
潘家園駅を出て
nice!(114)  コメント(5) 

北京駅に到着 [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月17日(土) 午前6時46分 北京首都国際空港

北京到着
無事に北京首都国際空港に到着・・・

さて、さんざん遅れたHU7920便は午前7時前に北京首都国際空港に到着したのである。
HU7920は午前4時30分頃に羽田を出たようである。朦朧としていたのか、あまり憶えていない。
フライト中も、出国エリアで仮眠できなかった分、爆睡をしていた。
ここで眠っておかないと、せっかくK23次に乗車しても、寝てばかりということになりかねない。
機内食はしっかりと出た。しかし一口も食べなかった。
機内食は出さなければならない決まりなのだろうが、こんな夜中に出されても・・・。

機内
HU7920の機内

入国審査を通り、到着ゲートに出る。
ここで、北京の旅行代理店のスタッフと待ち合わせをしている。
K23次の乗車券を直接持ってきてくれることになっているのである。
乗車券を日本まで送付してもらうのは、紛失の恐れがあるので難しいようである。
それは以前、北京からモスクワまでのボストーク号に乗車したときもそうだった。
そのときは、無理言って日本まで送付してもらったのだが・・・。
今回は、このスタッフに北京駅まで車で送ってもらうことにもしたので現地受け取りである。

北京首都国際空港
到着ゲート

旅行代理店にはHU7920便が遅れる旨、羽田からメールで連絡をしていた。
緊急事態なので、電話で連絡するべきであったが、電話のかけ方がよくわからなかった・・・。
まあ、こちらの事情は伝わった様で返信があり、とりあえずは安心であった。
しかし、遅れたとはいえ、まだ早朝である。
こんなに朝早くから待たせてしまって、スタッフ(以下A氏)には申し訳なかった。
A氏は私の名前を書いた紙を持ち立っていた。背が高い人であり、すぐにわかった。

まずは、乗車券を受け取り、さっそくA氏の車が止めてある駐車場へ向かう。
午前7時40分。北京首都国際空港を出発である。
A氏は中国人であるが、日本語がペラペラである。とても感じのいい人であった。
ちょっと前に北海道に家族で旅行に行ったそうで、とても楽しかったそうである。
実は、私は2008年にこの旅行代理店を利用して北京の取材をしたことがある。
そのことをA氏に話すと、そのときのガイド(中国人)は誰でしたか?と尋ねられた。
うっすらと記憶していたが、日本であまり使わない漢字を姓に持つ人で、説明するのが難しい。
~偏で右側(つくり)はこういう字を書く人で・・・。などと漢字を説明する。

すると、A氏はしばらく考えた後、「あっ!わかった!」と言った。
今も元気に勤めているのだろうか?と思ったその刹那、予想外の言葉がA氏から出てきた。
「その人。もう辞めたよ」
2008年と言えば、北京オリンピックがあった年である。
あの後、日中関係はどんどん悪化していった。
日本からの観光客も激減し、代理店のスタッフもどんどん辞めてしまったらしい・・・。
A氏は日中関係が悪化したことを嘆いていた。
政治的な話はデリケートだから、しないつもりでいたし、できないのだが・・・。
しかし、A氏はなかなかインテリジェンスを感じさせる人であった。

さて、私が乗車するK23次は午前11時22分に北京駅を出る。
いくらHU7920便が大幅に遅れたとはいえ、午前7時台に空港を出発した。
これならば、K23次の乗車は余裕であると皆さんは思われるかも知れない。
たが、私には危惧していたことがあった。それは渋滞である。
北京の渋滞はほんとうにひどいらしく、この渋滞につかまってしまうと時間が読めないらしい。
この4年前の2012年、私は北京首都国際空港から北京駅までバスに乗車した。
あの時は1時間以上かかった気がする。1時間で着けばよいのだが。
4年経ち、渋滞はさらに悪化したとも聞く。考えたら心配で心配で・・・。

北京駅①
北京駅

まあ、結果的にはこの心配は杞憂であった。
この日は土曜日。通勤のため渋滞が発生するということもなく、車は快調に飛ばしていった。
北京駅には午前8時05分に到着。空港から30分程で到着したことになる。
初っぱなから大幅に予定がくるったが、これならばもう安心である。
ここでA氏とお別れ。駅周辺に飲食店がたくさんあるから適当に時間をつぶしてくださいと言う。
私はとりあえず、北京駅の荷物預かりにスーツケースを預けることにした。

北京駅②
北京駅
nice!(117)  コメント(9) 

たいへんなことになった [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月16日(金) 午後9時58分 羽田空港

羽田空港①
羽田空港

たいへんなことになった。
羽田から北京に飛ぶことにしていたのに、その便が遅れている。
フライト時刻は深夜。日付が変わって、9月17日の午前1時30分の予定である。
搭乗するのはHU7920便。海南航空という中国の航空会社の便である。
この航空会社は初めてであるが、英スカイトラックス社の格付けで5つ星の評価を得ている。
中国の航空会社でもそういう評価を得るところが出てきたのか。

羽田空港②
羽田空港

しかし、そのHU7920便が遅れているのである。
北京から東京にやって来るHU7919便というフライトがある。
HU7920便はその帰りのフライトということになるのだが・・・。
スマートフォンで調べてみると、その機体は未だ北京にあるようであった。
羽田に便が来ているのならまだいいが、まだ北京にあるとは・・・。
これはたいへんなことになった。

ビール
さっそく飲んでます

ラーメン
そしてラーメン

午後10時46分。私はフライト時間が変更されたのを確認した。
午前1時30分から午前3時への変更。
これでは北京到着は午前6時30分頃になるであろう・・・。
まあ、午前6時30分でも、まだ問題は無い。致命的なことにはならない。
私は午前11時22分、北京駅発ウランバートル行の列車K23次に乗車しなくてはならない。
だから、午前6時30分に北京首都国際空港に着いたのであれば、まだ十分に余裕がある。

遅延①
HU7920便のフライト時間が変更に・・・。午前1時30分 → 午前3時

そう。今回、私は中国からモンゴルへ列車の旅をしようとしていたのである。
乗車する国際列車K23次は、毎週土曜日の午前11時22分に北京駅を出る。
この土曜午前発の列車に乗るためには、前日の金曜夜には北京入りしていなければ。
普通はそう考える。だが、金曜日に北京入りするのは私のスケジュール上厳しい。
そう考え、当初はこの計画を机上で空想するのみで諦めていたのである。
しかし、あらためて東京・北京間のフライトを調べると、金曜深夜に出るHU7920便を発見!
これなら乗れる!これに乗って、土曜日早朝に北京に到着してしまえば・・・。
乗れてしまうではないか。北京発ウランバートル行、K23次。乗れちゃうじゃん!

羽田空港③
羽田空港

この事実に興奮してしまった私は、HU7920便を即予約してしまったのだった・・・。
そして、北京の旅行代理店に依頼してK23次の乗車券も購入。
帰りはウランバートルから北京まで、MIATモンゴル航空に乗る。
北京に1泊後、北京から東京までは、貯まっているマイルを消費して帰ってくる。
いやあ。もう完璧であった。

搭乗カウンター
搭乗カウンター

思えば、この4年前の2012年。私は北京からモスクワまで列車の旅をした。
こちらでその時の様子を長々と記したが、あのような列車旅をもう一度。
というには、移動距離も期間も短いのだが(約5日間)。
しかし、国境を越え、モンゴルの草原を走って行く列車旅は魅力的に思われた。
モンゴルは初訪問であるから、未知の国を訪れる楽しみもあった。

遅延②
HU7920便のフライト時間がまた変更に・・・。午前1時30分 → 午前3時45分

遅延③
HU7920便のフライト時間がまたまた変更に・・・。午前1時30分 → 午前4時15分

それにしても、たいへんなことになった。
フライト時間は午前3時から午前3時45分に、更には午前4時15分に変更となってしまった!
私はほとんど無人の出国エリアのベンチに横になる。
仮眠をとろうとしたが、目がギンギンに冴えている。心配でちっとも眠くならないのである。
その誰もいないエリアでテレビ放映されているのを見た。
ボクシングのすごい試合が放映されていて、長谷川穂積は見事3階級制覇を成し遂げた。
もう一方のテレビでは、大相撲秋場所が放映されていた。
この日までに2横綱2大関を撃破した前頭筆頭、隠岐の海は今日も大関琴奨菊に勝利した。
さて、先に延びるばかりのフライト時間。私は無事北京駅にたどり着けるのだろうか?
これはたいへんなことになった。

テレビを見る
深夜、無人の出国エリアでテレビを見る・・・
nice!(126)  コメント(8)