So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

カンダン寺へ [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月19日(月) 午前8時33分 モンゴル国 ウランバートル

ホテルの窓から
ホテルの窓から

朝起きて、ホテルの部屋からチンギスハーン広場の方を見ると、路面が濡れている。
雨が降ったのだろうか。今はやんでいるようであるが。
1階で朝食をとりながら、ウランバートルのどこへ行こうか考える。
まずは、ガンダン寺というチベット仏教の寺院に行ってみることにした。
ガンダン寺はウランバートル中心部から東の方に位置している。
バスで行けば楽なのだろうが、歩いてもいけそうなので歩いてみることにした。

朝食
朝食

朝食後、いったん部屋に戻り、歯を磨くなどした後、外に出た。
9月半ばだが、吐く息が白い。
ウランバートルは冬ともなれば酷寒の地となるそうだ。世界でいちばん寒い首都なんだとか。
さて、カンダン寺への行き方は簡単である。
ウランバートルの中心を横切る平和大通りをひたすら東へ進む。
ザナバザル通りと交差するところで右折し、北に進めば良い。

ウランバートル市内
左の建物は「ブルー・スカイ」という高級ホテル。元朝青龍がよく滞在しているらしい

街を歩いて気づくのは、かなり韓国が入り込んできているということである。
韓国料理レストランをよく見かけるし、韓国式の美容院なんかもある。
これは後で登場するが、ウランバートルの中心部にはソウル通りというところもある。
東京通りというところもあるようだが、これは中心部からちょっと外れたところとなる。

韓国レストラン
韓国料理のレストラン

韓国式美容室
韓国式の美容院

ホテルから30分ほど歩いて、平和大通りとザナバザル通りの交差点にやって来た。
あとは緩い坂を上りながら、ガンダン寺を目指す。
先にも述べたが、ガンダン寺はチベット仏教の寺院である。
モンゴルではチベット仏教が広く浸透している。
チベットとモンゴルとでは地域が違うように思うが、モンゴル帝国時代以来の信仰であるようだ。

ゴッドファーザー
これはいったいどんなレストランなのか・・・

以前、テレビでチベット仏教の寺院の様子を見たことがあった。
マニ車という円筒形の仏具がたくさん設置されていて、訪れる人は皆これをくるくる回していた。
マニ車の側面にはマントラが刻まれていて、内部には経が納められているという。
この車を回転させれば、経を唱えたのと同じ効果があるという。まあ、非常に便利なものである。
その映像を見て、意味もわからないが、私も回してみたいと思ったのである・・・。

ガンダン寺前
ガンダン寺前

もらった札
ガンダン寺入場時にもらった札

そのカンダン寺の前までやって来た。ガイドブックによると入場料が必要になるとある。
門の脇の事務所のようなところで、4000トゥグルクを支払い、紙幣のような札を受け取る。
境内ではまず観音堂が目に入ってくるが、その前方にはさっそくマニ車が設置されている。
見よう見まねで回してみる。これでいいのだろうか?これで功徳が得られるのであろうか?
ピンとこないが、マニ車のエリアを一回りしたところで観音堂へ。

マニ車を回す人
マニ車を回す人

マニ車
マニ車

観音堂には高さ25メートルの観音像があるが、これは1996年に完成したもので比較的新しい。
現在の観音像は2代目のものだそうで、初代は1938年にスターリンにより破壊されたとのこと。
モンゴルが社会主義体制を放棄してから約四半世紀。
そういえば、私が滞在しているホテルの向かいには、政治粛清祈念博物館というところがあった。
この国でも社会主義時代、多くの人々が粛清されたそうだ。
訪れてみてもよかったのだが、どうもおどろおどろしい感じがして行かずじまいであった・・・。
さて、カンダン寺の観音像。それはまた次回です・・・。

政治粛清祈念博物館
左の木造の建物が政治粛清祈念博物館
nice!(102)  コメント(6) 

ウランバートル最初の夜 [2016K23次で行くモンゴルの旅]

2016年9月18日(日) 午後6時00分 モンゴル国 ウランバートル

チンギスハーン広場
チンギスハーン広場

T氏、N氏との待ち合わせは午後6時。場所はマルコ・ポーロ像の前である。
大相撲中継を結びまで見ていたら間に合わないので、その2番くらい前でホテルを出た。
マルコ・ポーロ像は兵士のような格好をして建っている。
マルコ・ポーロはモンゴル帝国に仕えたから、ここに像があるのだろう。
しかし、マルコ・ポーロはたぶんウランバートルにいたわけでは無いと思う。
それに、マルコ・ポーロって、こんな格好をしていたのだろうか?

マルコ・ポーロ像
右に建つのがマルコ・ポーロ像

午後6時を過ぎ、まずはスウェーデン人のT氏が現れた。
ホテルでシャワーでも浴びてすっきりしてきたのであろう。微かに香水の匂いが漂っている。
数分遅れてN氏も到着。ノミンデパートの袋を抱えて走ってきた。
N氏は今夜、ウランバートルからイルクーツク行きの列車に乗らなければならない。
その車中での食料などの買い出しということだろう。
列車が出るまで、それほど時間があるわけでは無いので、夕食をとるレストランへ急いだ。

チンギスハーン像
中央に鎮座するのがチンギスハーン像

ガイドブックに記載されている適当なレストランを選んで歩いて行く。
まず「フレー・センター」というレストランを目指した。
ガイドブックには「エアトランス(航空券ショップ)の建物をくぐった所」と住所の記載がある。
モンゴルには「何丁目何番地」とかいう言い方は無いのであろうか・・・?
ともかく、その通りの場所に我々は辿り着いた。
入口に"PECTOPAH"の文字がある。これが「レストラン」を意味するキリル文字である。
このことは2012年にロシアを旅した際に学習済みである。

フレー・センター
フレー・センター

しかし、この「フレー・センター」。閉まっていた・・・。
日曜日は閉まっているらしい。ガイドブックによると日曜も開いていることになっていたが・・・。
ガイドブックをあまり信用してはいけない。
それにしても、このモンゴルのガイドブックは情報が少々古いように感じられる・・・。

閉まっていた
閉まっていた・・・

次に「モダン・ノーマッド」というレストランを目指した。
住所は「子供芸術センターの南」とある。
「子供芸術センター」ってどこなんだ・・・。(たぶん「モダン・ノーマッドの北」・・・)。
とにかく地図を頼りに歩いて行くと、しっかり営業中であったので入店である。

メニュー
メニュー

ビール
ビール

メニューは写真入りで非常にわかりやすい。
モンゴル料理を気軽に食べられるレストランのようで、料理は肉を豪快に使ったものが多い。
適当にあまり時間がかからないで出てきそうな料理と、あとはビールを注文。
ビールはどういうわけか"SALM BRÄU"と名の入ったジョッキが出てきた。
紙のコースターも"SALM BRÄU"である。
"SALM BRÄU"はウィーンのビア・レストランで、私は2007年に訪れたことがある。

食べたもの①
「ボーズ」と呼ばれる餃子、「ショーホール」と呼ばれる揚げ餃子など

食べたもの②
肉料理が主である

食べ終わって
食べ終わって・・・

T氏とN氏とは列車内の話であるとか、モンゴルの印象などいろいろ話し、午後8時前にお開き。
店のスタッフのお願いして、タクシーを呼んでもらい、N氏はこのタクシーに乗車。
イルクーツク行きの列車に乗車するため、ウランバートル駅に戻っていった。
従って、N氏とはレストランの店先でお別れとなった。
T氏とはチンギスハーン広場まで歩いて行き、マルコ・ポーロ像前でお別れである。
T氏、N氏には本当にお世話になりました。ありがとうございました。

夜のチンギスハーン広場
夜のチンギスハーン広場

ホテルに戻ると、午後8時半頃である。このまま就寝でもよいのだが・・・。
何となく街の雰囲気もつかめた感じがするので、ちょっと外を歩いてみた。
N氏も買い出しに訪れたノミンデパートへ行ってみる。
市内随一のデパートで確かに大きいデパートだが、バカでかいわけでもない。
とりあえず1階の食料品売り場をちらと見て、缶ビールを購入したのである。
というわけで、ホテルに戻ってまた飲んだのである・・・。

ノミンデパート
ノミンデパート
nice!(94)  コメント(7) 

2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ