So-net無料ブログ作成

サイゴン行きに乗車 [2017ベトナムの旅]

2017年5月6日(土) 午前10時34分 ベトナム社会主義共和国 ニャチャン駅

ニャチャンで

ホテルをチェックアウトし、ニャチャン駅へ向かう。
昨日は徒歩でニャチャン駅まで乗車券を買いに行ったが、スーツケースがあるとさすがにキツい。
おとなしくホテル前に停車しているタクシーで駅まで向かうことにした。
運転手に「ガー。ガー。レイルウェイステーション」と伝える。
以前の記事にも載せたけれど、ベトナム語で「駅」は"GA"と言う。
運転手は、私の発音を訂正するように「ガー」を連発して承知してくれた。
私の発音のどこが違うのかわからないが、ベトナム語は中国語同様、声調があるから難しそうだ。

ニャチャン駅
ニャチャン駅

歩いても行けるくらいのところにある駅だから、すぐに到着。
運賃は41000ドン(200円ほど)であった。
時刻は午前10時半を過ぎたところで、サイゴン駅行きの列車、SE5の出発までまだ50分ほどある。
駅の待合の空間でベンチに腰掛けてのんびりと待つ。
捨ててあった古雑誌や新聞を集めてきて、待合の乗客に売ろうとしているおっさんがいた。
はたして売れるのであろうか…。

待合の空間
待合の空間

待合の空間は、ベトナムの人たちが多かったが、次第にバックパッカーなどが見られるようになった。
私はその中のひとりに、これはサイゴン行きの列車を待っている人たちなのかと訊かれた。
そうである。私はそう回答したが、私よりもっと信頼できそうな人間に尋ねるべきである…。
乗車券はへなへなしたレシートのような紙である。そこにQRコードが印刷されている。
どこにも読み取らせることはなかったが…。

乗車券
乗車券

午前11時を過ぎ、プラットホームへの入場が開始された。
サイゴン行きは1番ホームの発着。午前11時17分、列車の姿が見えた。
先頭車両には「D19E-953」というナンバーがついている。
「D19E」とは電気式ディーゼル機関であることを意味しているらしい。
ベトナムには電化区間は存在しないということである。

SE5到着
ホーチミン行きの列車がやって来た

私の座席は6両目の38番の座席である。
6両目前方の扉付近に立つ女性駅員にへなへなした乗車券を見せ乗車。
座席の配置は、中央の通路を挟んで左右に2列ずつの座席(2列+2列)。
前の座席との空間は狭く、私はスーツケースを日本で言う「網棚」の空間に収納した。
私の座席は通路側。左隣が窓側の座席で、ベトナム人のおばさんが座っている。
左足を窓枠の辺りにのっけて、うずくまるような感じで座っている。すごい格好である…。

ホームで
ホームの売店

エアコン付きソフトシートの車両で快適ではある。
ただ、隣のおばさんに代表されるように、車両は想像していた以上に混沌としていた。
私のひとつ前の座席には家族連れ(これもベトナム人)が座っていた。
だが、子供がはしゃぎ回り、一家の長と思われる男は床面にゴザをひいて寝っ転がっている。
ソフトシートがあるのに…。
なぜ、そんな狭くて汚いところに横になっているのか…。

さて、列車移動の楽しみは、車窓から移りゆく景色を眺めることがまず挙げられる。
しかし、私の座席は窓側でなく通路側である…。
読者の皆さんは、景色がよく見られないのではないか?と思われるかもしれませんが…。
心配ご無用。窓側の座席だったとしても景色は見られなかった。
窓に金網が張ってあり、窓ガラスも汚れている。景色はうっすらと見えるだけであった…。
このような状態でホーチミンまで…。約8時間の列車の旅である…。

車窓から
車窓からの景色
nice!(111)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行