So-net無料ブログ作成
2012ボストーク号で行くロシアの旅 ブログトップ
前の3件 | -

旅のプロローグ① [2012ボストーク号で行くロシアの旅]

2012年7月14日(土) 午前8時 羽田空港 国際線ターミナル サクララウンジ

さっそく飲んでます
さっそく飲んでます

私は今、羽田空港の国際線ターミナルのサクララウンジでビールを飲んでいる。
今回の取材は羽田空港からのスタートである。そして、どういうわけか私はサクララウンジにいる。
もちろん食事は飲み放題、食べ放題。はじめから私の旅に似つかわしくないこの雰囲気は何だろう。
しかも、今回は行きのフライトに関してはビジネスクラスを利用するのである…。
さて、その行き先は?それは北京である。ああ!眉をひそめる皆さんの顔が想像できる…。
大規模な反日デモが発生する約2ヶ月前。私は北京に向ったのである…。

サクララウンジ
サクララウンジ

今回の取材期間は13日間。13日間あれば世界中たいていのところに行くことができるであろう。
このように比較的長期の取材期間を確保できることになり、私はどんな取材にしようかとよく考えた。
長距離を移動することに旅の実感を見出す私としては、まずは長距離移動にこだわりたかった。
長距離移動となれば、13日間ということで、世界一周(もちろん飛行機で)も可能であろう。
しかし、それはさすがに慌ただしい。それに、飛行機での移動では景色も見られないし、つまらない。
それよりは地を這って移動する交通手段で移動したい。ならば鉄道かバスだろうか…。

鉄道で長距離移動となれば、やはりシベリア鉄道である。一度乗ってみたいと何となく思っていた。
また、ロシアという国も行ってみたい国であった。でも、何となくこわいイメージがある。
治安や言葉の壁…。ロシア旅行はなんとなく想像するだけで、これまで実行に移すことは無かった。
ただ、13日間という取材期間を得られた今回はシベリア鉄道に乗車できるまたとない機会である。
ずっと線路の向こうにあるモスクワ、さらにはサンクト=ペテルブルクが私を呼んでいる!
今回はそんな妄想が止まらぬ事態…。私は思い切ってシベリア鉄道の旅をすることにしたのである。

羽田空港で
羽田空港で

では、なぜ北京なのか?それは北京発モスクワ行きの「ボストーク号」に乗車するためである。
シベリアを走る列車にはいろいろある。私は計画段階で以下の3つの路線を候補にあげてみた。

①ウラジオストク発 モスクワ行 「ロシア号」
 極東のウラジオストクからモスクワへ。シベリアを走る列車の代表格。隔日の運行。

②北京発 モンゴル経由 モスクワ行
 モンゴルを縦断してロシアへ。水曜日の朝に北京発。モスクワ着は月曜日の午後2時30分頃。

③北京発 満州里経由 モスクワ行 「ボストーク号」
 中国東北部からロシアへ。土曜日の夜に北京発。モスクワ着は金曜日の午後6時頃。

①のロシア号はシベリア鉄道の代名詞的な存在。隔日での運行だが、これは早々と却下となった。
理由は簡単でウラジオストクに行くのが面倒で、時間も銭もかかりそうであったからである。
②と③は北京発であるから、これならば貯めていたマイルを消費して北京に向かってしまえばよい。
次に②と③のどちらにするかであるが、②のモンゴルを通過するというのはかなり魅力ではあった。
しかし、②が発車するのは水曜日の朝。前日の火曜日には北京入りしていなければならない。
一方、③の発車は土曜日の夜。当日の朝に日本を発ち、昼に北京入りすれば夜には乗車できる。
時間を有効に使うことができ、かつ余分な銭を使わないですむ③に乗車することに決めたのだ。

羽田空港国際線ターミナル
羽田空港で

路線を決めた私は、いくつかのロシア旅行を専門で取り扱う旅行代理店に見積り依頼を出した。
なしのつぶてのところもあれば、回答が得られたとしても予想外の高い見積りがきたりした…。
そんな中、JIC旅行センターというところからは迅速に回答も来て、見積りも許容範囲内であった。
以降、私は新宿通り沿いにあるこの旅行代理店に何度か足を運び、旅の相談をしたのである。
そして、店頭およびメールでやり取りを何回かした結果、次のようなルートができあがった。

~今回のルート~
 7月14日(土) 羽田発、北京着 夜、ボストーク号1等車にてモスクワへ
 7月15日(日) 車中泊
 7月16日(月) 車中泊
 7月17日(火) 車中泊
 7月18日(水) 車中泊
 7月19日(木) 車中泊
 7月20日(金) モスクワ着 到着後ホテルへ
 7月21日(土) 夜、モスクワ発 サプサン号2等座席車にてペテルブルクへ 到着後ホテルへ
 7月22日(日) 終日ペテルブルク
 7月23日(月) 夜、ペテルブルク発 「赤い矢」号2等寝台車にてモスクワへ
 7月24日(火) 朝、モスクワ着 夕刻、モスクワ発、北京へ
 7月25日(水) 朝、北京着 到着後ホテルへ
 7月26日(木) 北京発、成田着

この日程をご覧いただいておわかりの通り、北京からモスクワまではずっと乗りっぱなし。
途中、イルクーツクあたりで1泊する人が多いようだが、それよりはモスクワに向かってしまいたい。
また、列車の等級には1等、2等、3等とあるのだが、私は1等車でモスクワに向かうことにした。
等級について簡単に説明すると、3等はコンパートメントではない開放寝台である。これは却下。
プライバシー重視の私にはコンパートメントである1等か2等以外には考えられない。
その1等、2等であるが、1等は2人部屋、2等は4人部屋のコンパートメント。1人部屋は無い。
つまり、1等でも2等でも見知らぬ人間と同じ部屋で過ごすことになる可能性はあるのである。
「ふれあい」を求める人は気にしないのだろうが、人見知りの私にはそういうのはどうも苦手である。
悩んだ挙句、私はコンパートメントを独占できる確率がより高いと思われる1等車を選択した…。

今回のルート
赤い線が今回のルート

こうして、ロシア取材の日程を確定させた私は、日本‐北京間の往復航空券をマイルを使って交換。
どうせ交換するのだから、行きはビジネスクラスにしてみた(帰りはエコノミーでしたが…)。
今回、サクララウンジ、ビジネスクラスを利用したというのはそういうことだったのである。
帰りのモスクワから北京までのフライトもアエロフロートの片道航空券を個人で手配。
この航空券は4万円台だった…。モスクワ‐北京間はそんなに安く移動できてしまうのか…。
ちなみに、私が乗ろうとしている北京‐モスクワ間の「ボストーク号」はその3倍以上の運賃であった。
さて、ちょっと長くなったので、今回はここまで。次回も取材準備のお話が中心になると思います…。

七夕の飾り付け
羽田空港で
nice!(135)  コメント(23) 
共通テーマ:旅行

旅のプロローグ② [2012ボストーク号で行くロシアの旅]

2012年7月14日(土) JL023便 羽田から北京に向かう機内

時刻表
時刻表。午前9時10分のJL023便で北京へ

今度は北京に向かうJL023便の機内である。前回の記事で述べたように行きはビジネスクラス。
客室乗務員がいろいろ気にかけてくれて、出てきた機内食もやはり手がこんでいる。
食器がプラスチックではなくてガラスや陶器であることにビジネスクラスにいることを実感する。
だが、こういうのに慣れていない私はなんだか落ち着かない。そんな状態で北京が近づいてくる…。
さて、ここで今回の取材における持ち物についてまとめてみようと思う。
今回の取材。私は次のようなものを持っていくことにした。

~今回の持ちもの~
 パスポート(ロシアのビザが貼られている)
 バウチャー(ロシアにおけるホテル、交通機関の予約証明書)
 航空券
 シベリア鉄道の乗車券
 クレジットカード
 現金
 タオル
 ハブラシ
 ひげそり
 変圧器
 衣類
 サンダル
 常備薬(点鼻薬、酔い止め、下痢止め、かゆみ止め、頭痛薬、胃薬)
 デジタルカメラ
 デジタルカメラのバッテリー(3個)
 三脚
 筆記用具
 ipod
 携帯電話
 腕時計
 ウェットティッシュ
 ボディパウダーシート
 消臭剤
 トイレットペーパー
 爪切り
 ガイドブック
 ロシア語会話帳
 ポータブルDVDプレイヤー
 食糧(カップラーメンなど、もちろん列車内で食べる)
 マグカップ
 文庫本

持ち物はだいたいこんなところだろうか。説明が必要なものがいくつかあると思われるが。
・ボディパウダーシート:シベリア鉄道の車中は風呂に入れない。これでからだを拭いて済ませる。
・ポータブルDVDプレイヤー:シベリア鉄道乗車中はヒマらしい。これでDVDでも見ようかと。
・デジタルカメラのバッテリー(3個):シベリア鉄道乗車中の充電に不安があったので、予備として。
・トイレットペーパー:シベリア鉄道のトイレはペーパーが切れていることが多いらしい…。
その他のものについては、また追々…。

機内で一杯
機内でまずは一杯

機内食
機内食

食後のコーヒー
食後のコーヒー
 
肝心のシベリア鉄道(ボストーク号)の乗車券に関しては、実際手にするまで少々不安であった。
当初は北京に到着して、自分で北京の旅行会社(CITSという)に行って直接受け取る予定でいた。
ただ、旅行代理店の情報によると、私が北京に到着する土曜日はその会社が休みであるらしい。
この場合、その中国の旅行会社のスタッフに北京の空港まで乗車券を届けてもらうか、
あるいは、日本に送付してもらうかどちらかの方法で乗車券を入手する必要がある。
ならば、渡航前に乗車券を手にしていたほうがよい。私は乗車券を日本に送付するよう依頼した。
しかし、乗車券を送付することに中国の旅行会社は難色を示したのであった…。

今回、ロシア旅行を手配した旅行代理店、JIC旅行センターさんの説明によると、
ボストーク号の乗車券は再発行できないので、送付するのは好ましくないとのことであった。
どういうことかというと、ボストーク号の乗車券はeチケットではないので再発行できないのである。
つまり、送付して紛失してしまったら、高い銭を出して購入した乗車券も水の泡というわけである。
なるほど。それは確かにリスキーである。私は今更ながらeチケットのありがたさを知るのだった。
しかし、どうだろう。そんなに紛失するということもないだろう。
DHLとかで送ってもらえば追跡もできるはず。私は構わないので日本に送ってもらうよう依頼した。
結果、私がボストーク号の乗車券を手にしたのは出発の8日前、7月6日のことだった。

ボストーク号乗車券
これがボストーク号乗車券(5枚綴りになっている)

あと、お金に関してであるが、中国は人民元、ロシアはルーブルである。
人民元に関しては、北京に着いてから両替するからいいとして、ルーブルはどうするか…。
今回のルートだと、中国の満州里からロシアのザバイカリスクという町に入ることになる。
そのザバイカリスクがどんな町かよくわからない。ザバイカリスクでちゃんと両替できるだろうか…。
不安なので、私は羽田空港内にある両替所、トラべレックスでルーブルの両替をすることにした。
だが、実際行ってみると、ルーブルの在庫は僅少であった。全部で11210ルーブルしかないという。
私はそのあるだけのルーブルを買うことにした。34000円程とこれを両替。

チェックイン後にもトラべレックスがあったので、ここでもルーブルがあるか訊いてみた。
しかし、ここではルーブルの在庫は無し。まあ、11210ルーブルあれば何とかなるであろう…。
でも、まだちょっと不安であったので、10000円程と125USドルを両替した。
ロシアではUSドルなら問題なくルーブルに両替可能だという。お守りのような意味で両替した。
ベンジャミン・フランクリンの100ドル札を手にしたが、これは旅の終盤に登場することであろう。
余談だが、この時、トラべレックスの女性スタッフに声を荒げてクレームをつけている男がいた。
若い男だった。何があったのか知らないが、みっともない男だと思った。まったくの余談だが…。

さて、どうやらJL023便はそろそろ北京首都国際空港に到着するようである。
次回からは本格的に今回の取材記録の記事となるでしょう…。

北京首都国際空港到着
北京首都国際空港到着
nice!(132)  コメント(13) 
共通テーマ:旅行

空港から駅へ [2012ボストーク号で行くロシアの旅]

2012年7月14日(土) 現地時間 午後0時30分 北京首都国際空港

北京首都国際空港にて
北京首都国際空港にて

北京首都国際空港には正午前に到着。今回はビジネスクラスだから降機の際もスムーズである。
次に入国審査であるが、提出する入国カードには宿泊先を記入する欄がある。
私は今夜からボストーク号で6泊する身である。宿泊先には「K19次」とだけ記入しておいた。
「K19次」とはボストーク号、北京発モスクワ行きの列車番号である。これで何事もなく入国した。
入国後、10000円を人民元に両替。680元程を手に入れてコンビニエンスストアーへ行ってみる。
エビアンの500mlを購入してみたが、これが12.5元(150円ほどか)であった。高いではないか…。

バスの乗車券
バスの乗車券。16元

さて、乗車までにはまだ時間があるが、私はさっそくボストーク号の出発駅である北京駅へ向う。
空港から北京駅に向かうのはかんたん。空港のバス乗り場から③番のバスに乗ってしまえばよい。
そのまま③番に乗っていけば、終点が北京駅であるから何も迷うことは無い。
バスのチケットは一律16元。チケット売場でこれを購入し、バスが出発したのは午後1時頃。
バスでは停留所のアナウンスがあるが、まるでカラオケのようなエコーがかかっていて気持ち悪い。
アナウンスにそんなにエコーを掛ける必要がいったいどこにあるのだろう?不思議な国である…。

バスの車窓から①
車窓から

バスの車窓から②
車窓から

午後2時頃、北京駅に着いた。大勢のおっさんがバスを降車する客を待ち構えていた。
おっさん達は何やらボードを持っていたが、それを見ると、どうやら旅館の客引きであるらしい。
これだけ客引きがいれば泊まる宿に困ることは無いだろうが、再三言うように私は列車泊。
私は大きなスーツケースを引きずりながら、そのおっさん達を掻き分け北京駅構内を目指す。

北京駅
北京駅。北京十大建築のひとつ。中国建国10周年を記念して建てられた

北京駅は有人の改札がいくつも設置されていて、乗車券を提示しないと中に入れないようだった。
おそるおそる適当な列に並び順番を待ち、窓口で乗車券とパスポートを提示。
何も問われることもなく改札を通過できたが、次に空港でやるような荷物検査が待っている。
これをやり終え、ようやく駅舎に入ると、高い天井の空間でけっこうがらんとしている。
構内にコインロッカーらしきものがあったが、利用人数に比べ相対的に数が少なすぎて使えない。
駅舎1階をぐるりと見て回り、他にすることもなくすぐに駅舎の外に出てきてしまった。

北京駅構内
北京駅構内。がらんとしている

ボストーク号が発車するのは午後11時であるから、まだ8時間以上あるのだが…。どうしようか…。
尖閣の問題がきな臭くなりはじめた頃だったから、正直、北京を歩くことには多少不安があった。
一方、事態はこれから悪化するだろうから、こんな旅ができるのも今がチャンスなどとも思った。
実際、このおよそ2か月後、過去最大の反日デモが起きてしまうわけであるが…。
まあ、この時、北京駅前に立ってみた印象としては、北京の街歩きに何ら支障はなさそうであった。
というわけで、ボストーク号乗車までの間、私はどこか北京の名所旧跡を訪れてみることにした。

それには荷物をどこかに預ける必要があるが、駅構内にあるコインロッカーは前述の通り使えない。
私は「寄存」という看板を掲げる有人の荷物預かりのサービスを利用することにした。
中国では「寄存」が「預ける」という意味であるらしい。「寄存」の看板は駅周辺にいくつもある。
そのうちのひとつに入っていくと、高校生くらいの若者が5人くらいいて当番をしていた。
はて、荷物を預けるには中国語で何といえばいいのだろうか?そんなこと、私は知らない…。
まあ、荷物預かりに大きなスーツケースを持ってきているのだから、要件はわかるだろうが…。
それでも、無言でいるのもなんなので"Could you keep my baggage?"と英語で訊ねてみた。
すると、高校生?たち「インイー…。インイー…」とつぶやいてモジモジしだしてしまった…。
「インイー」とは「英語」のことであろう。英語だ…わからない…どうしよう…といった感じだろうか…。

私もどうしようと思って、ふと背後を振り返ると、ぽっちゃりした女の子のスタッフがいた。
彼女も英語をまったく解さないようだったが、黙って壁にかかった時計を指差している。
きっと、「いつまで預けるの?」ということであろう。私は彼女にボストーク号の乗車券を見せてみた。
乗車券には発車時刻が23時である旨が印字されている。そこを指差すと合点してくれたようである。
電卓をたたいて料金を私に見せてくれた。預かり料金は40元。日本円で500円弱であろう。
荷物の引換証を受け取って、これで身軽になった。さて、これからどこに行こうか知らん…。

地下鉄で移動
移動は地下鉄で
nice!(142)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - 2012ボストーク号で行くロシアの旅 ブログトップ